Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://helloneeds.blog90.fc2.com/tb.php/116-4fa6b456

-件のトラックバック

-件のコメント

[C375] 今年は

赤福からNOVAから亀田親子・江原もそうですが、偽物のメッキ剥がれと大人の頭を下げる映像がこれでもかと流れる日々ですね。
今は戦前の人とコミットできる最後の時代ですが、気持ちを継承するということさえもさえぎられてしまう事がどのくらいの損失なのかはこれからじわりとやってきそうです。
  • 2007-11-04 (02:46)
  • 滝川クリスタル
  • URL
  • 編集

[C376]

私は以前、この十郎リンゴさんのホームページに遊びに行った事があります。彼女は誰よりも子供達を心配して、あのイジメの惨事の時に勇気を持って行動に出た・・と知る事が出来ました。泣けてきます。
今回の問題もリンゴの事で醜い争いをしてはならないと・・子供達に良くないと・・我慢されたそうです。しかし、今回の問題が発覚して私は良かったのではないでしょうか。今皆が考えるときですね。これからの江原さんの出方が興味あります。彼女を見守っていきましょう。
  • 2007-11-04 (11:02)
  • よっしー
  • URL
  • 編集

[C377] いらっしゃいませ

>気持ちを継承するということさえもさえぎられてしまう
かなりの損失でしょうね。
頑固にシキタリを守るというのにも世代間のコミュニケーションがあると見ることも出来ます。
若者の行動をシキタリの中に見守る、それが地域のコミュニケーションとしてあるという。
それが壊れている現状、社会(国)として歴史の検証がそれを補うものではないだろうか。
それがなければ何を頼りに営んでいくのだろうかと。

『成功と幸福とを、不成功と不幸とを同一視するようになって以来、
 人間は真の幸福が何であるかを理解し得なくなった。
 自分の不幸を不成功として考えている人間こそ、まことに憐れむべきである。』三木清

誰が、これを導いてくれようか。
一人一人が目先の利に飛び付いていては孤独になってしまう。
人との関わりに社会があるなら、自らコミットせずには見失ってしまうと考える、私です。
と言うわけで、

>今皆が考えるときですね。
そうですね。
どういう形であれ、コミットしてくださいと私は訴えるのです。

弄るのもお笑いとしてあり得ることとは言え、限度があります。
まして、編集によりねじ曲げまでして善意を踏みにじる、何を以てそれを正当化するのでしょうね。
事実とすればですが。
笑って済ませられるようなことではない。
メディアとしての責任、社会として問わねばならぬ問題と思うのです。

そう思うのは私だけなのだろうか、メディアの反応がない...さて。
  • 2007-11-04 (14:54)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

[C389]

私はあのリンゴに助けられました。

誰かあのオバちゃんを助けて。
  • 2007-12-03 (10:06)
  • はなこ
  • URL
  • 編集

[C391] うーむ

はなこさん、いらっしゃいませ。

>誰かあのオバちゃんを助けて。
ん、何かお困りですか?

オバちゃんは大丈夫だと思いますが...

#当方の事情でお返事遅れましたm(_ _)m
  • 2007-12-06 (09:19)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

[C393]

あ、すみません。
私はあの撮影の会場にいました。
見ててなんか可愛そうだった。
私達も騙されたって母さんが言ってた。
テレビは怖い。
リンゴのオバちゃんはとっても苦しんでいるみたいです。
  • 2007-12-07 (12:34)
  • はなこ
  • URL
  • 編集

[C394] アサヒは「あくまでもトーク・インタビュー番組」つまり「嘘だよ」と、フジは何と言ってるのだろうか

http://www.bpo.gr.jp/kensyo/giji/giji-7.html
「委員会では、当委員会が何らかの意見を公表するにしても、当該局の説明を聞く必要があるとして、事実関係について具体的に尋ねる質問書を当該局に出し、回答を見た上でこの問題をどう扱うか、もう一度議論することになった。」
と議論継続のもよう、ROM

>リンゴのオバちゃんはとっても苦しんでいるみたいです。
???
  • 2007-12-07 (21:07)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

どこか お・か・し・い

事実とすれば...どこか飛んでしまったとしか思えんな。

「善意のボランティア」をペテンにかけた江原啓之とフジテレビ
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1050757.html

フジテレビに取材すると、Aさんに注目したのは番組側のリサーチによることを認めた。
そして、番組側が書いた手紙を美容院側が送るという形をとったのはヤラセではなく
“演出である”と開き直っている。
またサクラの存在についても認め、Aさんの心情を害したことについては「27時間テレビ
その後SP」で納得いただいたと言い切るのだ。

実はこの“問題番組”に対してはBPO(放送倫理・番組向上機構)が重大な関心を寄せて
おり、すでに関係者のヒアリングも始まっている。
「BPOが調査を始めたと知ったフジテレビは血相を変えAさんに謝罪、『その後SP』で
手の平を返したようにAさんの慈善活動の素晴らしさを喧伝しましたが、あれが彼らの
誠意なのでしょうか。11月9日の放送倫理検証委員会では、この件について何らかの
議論があるはずです」
ソース:週刊文春 34頁~36頁より編集



演出のつもりなのかね、ホントにそう思うとるのかぃ。
罪、重いと思うよ。


それにしても、次々に明るみに出る偽装。
過去の歴史になんも学ばんのだろうか。

私はゆとりを無くした教育問題と見ている。
大人がゆとりをなくしそれが子供達に...負のスパイラルに陥っているのか。
改善しようと考える者も問題の本質を見失っているじゃないかと、かなり重傷の様相を呈してきたんじゃないかとさえ思っている。
利権誘導、少々は目を瞑るとしても...社会が、政治がウソついてるんじゃ、泥縄になりそうやね。


今、流れているACのメッセージ:子供教育委員会

「うそついたら駄目だよとか言うくせしてさぁ、
 自分たちが一番うそついてる。」

偽装している社会は子供にも映る。
政治のウソも子供にも判るんですよ。

ACのメッセージも偽装じゃないかとさえ考えてしまうかも試練よ。
だって嘘つきばかりの社会じゃ、教科書や先生の言うことと全然違うんだもの。



子供達の目にはどう映るのか、よぉぉぉく考えて欲しい。
どうか、メッセージを、議論を、コミュニケーションを取りましょうよ、コミットしましょうよ。

人を見たら泥棒と思いたいですか。
監視社会にしたいのですか。



私はイヤだ。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://helloneeds.blog90.fc2.com/tb.php/116-4fa6b456

0件のトラックバック

7件のコメント

[C375] 今年は

赤福からNOVAから亀田親子・江原もそうですが、偽物のメッキ剥がれと大人の頭を下げる映像がこれでもかと流れる日々ですね。
今は戦前の人とコミットできる最後の時代ですが、気持ちを継承するということさえもさえぎられてしまう事がどのくらいの損失なのかはこれからじわりとやってきそうです。
  • 2007-11-04 (02:46)
  • 滝川クリスタル
  • URL
  • 編集

[C376]

私は以前、この十郎リンゴさんのホームページに遊びに行った事があります。彼女は誰よりも子供達を心配して、あのイジメの惨事の時に勇気を持って行動に出た・・と知る事が出来ました。泣けてきます。
今回の問題もリンゴの事で醜い争いをしてはならないと・・子供達に良くないと・・我慢されたそうです。しかし、今回の問題が発覚して私は良かったのではないでしょうか。今皆が考えるときですね。これからの江原さんの出方が興味あります。彼女を見守っていきましょう。
  • 2007-11-04 (11:02)
  • よっしー
  • URL
  • 編集

[C377] いらっしゃいませ

>気持ちを継承するということさえもさえぎられてしまう
かなりの損失でしょうね。
頑固にシキタリを守るというのにも世代間のコミュニケーションがあると見ることも出来ます。
若者の行動をシキタリの中に見守る、それが地域のコミュニケーションとしてあるという。
それが壊れている現状、社会(国)として歴史の検証がそれを補うものではないだろうか。
それがなければ何を頼りに営んでいくのだろうかと。

『成功と幸福とを、不成功と不幸とを同一視するようになって以来、
 人間は真の幸福が何であるかを理解し得なくなった。
 自分の不幸を不成功として考えている人間こそ、まことに憐れむべきである。』三木清

誰が、これを導いてくれようか。
一人一人が目先の利に飛び付いていては孤独になってしまう。
人との関わりに社会があるなら、自らコミットせずには見失ってしまうと考える、私です。
と言うわけで、

>今皆が考えるときですね。
そうですね。
どういう形であれ、コミットしてくださいと私は訴えるのです。

弄るのもお笑いとしてあり得ることとは言え、限度があります。
まして、編集によりねじ曲げまでして善意を踏みにじる、何を以てそれを正当化するのでしょうね。
事実とすればですが。
笑って済ませられるようなことではない。
メディアとしての責任、社会として問わねばならぬ問題と思うのです。

そう思うのは私だけなのだろうか、メディアの反応がない...さて。
  • 2007-11-04 (14:54)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

[C389]

私はあのリンゴに助けられました。

誰かあのオバちゃんを助けて。
  • 2007-12-03 (10:06)
  • はなこ
  • URL
  • 編集

[C391] うーむ

はなこさん、いらっしゃいませ。

>誰かあのオバちゃんを助けて。
ん、何かお困りですか?

オバちゃんは大丈夫だと思いますが...

#当方の事情でお返事遅れましたm(_ _)m
  • 2007-12-06 (09:19)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

[C393]

あ、すみません。
私はあの撮影の会場にいました。
見ててなんか可愛そうだった。
私達も騙されたって母さんが言ってた。
テレビは怖い。
リンゴのオバちゃんはとっても苦しんでいるみたいです。
  • 2007-12-07 (12:34)
  • はなこ
  • URL
  • 編集

[C394] アサヒは「あくまでもトーク・インタビュー番組」つまり「嘘だよ」と、フジは何と言ってるのだろうか

http://www.bpo.gr.jp/kensyo/giji/giji-7.html
「委員会では、当委員会が何らかの意見を公表するにしても、当該局の説明を聞く必要があるとして、事実関係について具体的に尋ねる質問書を当該局に出し、回答を見た上でこの問題をどう扱うか、もう一度議論することになった。」
と議論継続のもよう、ROM

>リンゴのオバちゃんはとっても苦しんでいるみたいです。
???
  • 2007-12-07 (21:07)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

偶には浸ってみるか、この名言

プロフィール

NEeDS

Author:NEeDS
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。