Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://helloneeds.blog90.fc2.com/tb.php/119-2b20cd35

-件のトラックバック

-件のコメント

[C383] すれ違いはいつもの事

あまりにも面白い結果になったのでこちらにもぺたっ

まずは自分のHN"大工"
http://usokomaker.com/calendar/?a=Maker&oo=%C2%E7%B9%A9
豪遊とかお見合いはいいけど学って何を学ぶんだろう?

んで"NEeDS"
http://usokomaker.com/calendar/?a=Maker&oo=NEeDS
ん?浮気?・・・かーちゃんには内緒にしといたげる(違う
  • 2007-11-23 (20:42)
  • 大工
  • URL
  • 編集

[C384] クゥラァ、働けぇ

月:仕事の英気を養うために遊ぶ
火:もう、めいっぱい忙しくお仕事
水:癒しの...
木:気の小さい私は悩む
金:カーチャンとお出かけ(贖罪)
土:気疲れのお休み
日:復活のパーチィ

ウン、充実の一週間じゃい(^▽^笑)。
  • 2007-11-23 (23:43)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

続・ゆとり教育 その1: 歪んだ理念

重量級(?)のある親は悩む。
>ルールが変わるとしたら(指導要綱が変わるとしたら)それに合わせざるおえない。
>只、精神的に未熟な子供達にそれがどれ程のストレスになるか想像出来ません。
>親としてどういうスタンスで迎えればよいか?

蹴球に汗を流す赤い彗星は悩む。
>自分の子供だけでも、そういうことを考えながら育てていきたいけど、
>けどそれだって、おいらやかみさんだけじゃ限界あるしね。。 難しいよ。

悩むことない。
子供には、

 何にでも興味を持つこと、「なぜ?」と常に問いかけること、「まぁ、いいか」と中途半端にしない

ことを言い、問いかけられて親は、

 逃げない、すなわち、わからないことを誤魔化さない
 わかるにはどうすればいいかを探そう、その姿勢を示そう
 自分がしなかった、できなかったなら、なぜそうだったか経験(本音)を語ろう

なぁんて、偉そうなことコメントする、私。
まぁ、子供のこと考える親なら、自然にしていることを文字にしただけなんや。
やり方は違えどもそゆこと...よね。

その、重量級の方の悩みの元というのはこれ。
【風】「ゆとり」が放棄した「教育」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071113-00000145-san-soci

 昨日は親のしつけの問題に関するご意見を紹介したが、一方で国の施策を批判する声も届いている。一昨年に退職した公立高校の元校長からは、「ゆとり教育」が学力低下をもたらしたと訴える手紙が寄せられた。

昨日って、その記事どこにあんの^^;

 《学力問題のツケは高校にまいります。いわゆる底辺校の生徒は、分数の足し算ができず、アルファベットが書けず、「縄文時代」という字が読めません》

困ったもんだが、

 中央教育審議会の部会が今月7日に了承した「審議のまとめ」は、ゆとり教育路線の反省点に初めて言及した。昭和50年代以来減り続けてきた小中学校主要教科の授業時間は、平成23年度にも実施される改定学習指導要領で増加に転じることになった。

私には反省したとは見えない。

 《これまで子供の学力が低下しなかったのは、分からないところは塾で、それでも駄目なら家庭教師に、という時代だったからです。最近の経済情勢の悪化で教育費が圧迫される家庭が増えたことが学力問題を顕在化させたのです》

ある意味そう言える。だけど...

 もちろん、冒頭の手紙に出てきたような生徒たちのためにこそ、「ゆとり教育」が必要という見方もあるだろう。そもそも、彼らはどこで勉強につまずいてしまったのか。この元校長に尋ねてみた。
 「本来、勉強は訓練です。苦手な子でも、何度も繰り返し書かせ、読ませれば、必ずできるようになる。ゆとり政策のもと、こうした指導をする先生が少なくなり、小学3、4年くらいから授業にもついていけなくなったようです」

私はここに間違いを見る。

 手紙の中で元校長は《勉学より遊び、規律より放縦を好む子供に対し、生活習慣を身につけさせ、生きるために必要な訓練を施す。それが教育だったはず》とし、《この4半世紀、ゆとり教育と称して日本の教育はこれを放棄してきた》と主張する。

ここにも間違いを見る。

訓練だというのはわかる。
だが、闇雲にただ繰り返すのは 苦痛 にならないか。
それでわかればまだマシやが、なかなかわからない場合どうするの?
学ばせるってのは「わかった!」が大事なら、機械的に学ばせれば良いなんて答えにはならない。
たぶん、機械的だなんて「そんなことは言ってない!」と返ってくるかな。

「何故わからないか」を見極めることが教える方に掛かっている。
それは先生に生徒と向き合う時間が必要になるはず。

ゆとり教育の問題点はその点に対する 反映がされていない ことにあろう。
校長の言う、「ゆとり政策のもと、こうした指導をする先生が少なくなり」とは一体何なのでしょうね。

ゆとり教育の元、先生にゆとりが無くなったことを意味すると見る。
ゆとり教育の目指すものが目的が歪んでいたと私は見る。

知識偏重にメスを入れ、考える力を付ける...のハズが間違った方向に行ってしまった、なのだろう。

「勉学より遊び、規律より放縦を好む子供に対し、生活習慣を身につけさせ、生きるために必要な訓練を施す。それが教育だったはず」

そうなのだろうか。

勉学より遊びを嘆くのではなく、遊びを学びに関連付け、すなわちモチベーションね、興味を持たせることね。
規律より放縦云々ではなく、個性を大事にし個人の尊重に繋がること、それが権利と義務に。
生きるための訓練は確かにそうだか、学習内容の社会との関連付けではなかったのか。

「それが教育だったはず」...いいえ、微妙に変質していると見る。
間違っているとは言わん。
だが、それを俗に管理教育、シメツケに感じるのは私の読み違いだろうか。
もし多くの校長がこの意識でいたとしたら、どこで歪んだのだろう。

「方向転換したのはゆとりの理念ではなく手段だ。今回は理念の定着をはかる改定」というのだが...


つづく
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://helloneeds.blog90.fc2.com/tb.php/119-2b20cd35

0件のトラックバック

2件のコメント

[C383] すれ違いはいつもの事

あまりにも面白い結果になったのでこちらにもぺたっ

まずは自分のHN"大工"
http://usokomaker.com/calendar/?a=Maker&oo=%C2%E7%B9%A9
豪遊とかお見合いはいいけど学って何を学ぶんだろう?

んで"NEeDS"
http://usokomaker.com/calendar/?a=Maker&oo=NEeDS
ん?浮気?・・・かーちゃんには内緒にしといたげる(違う
  • 2007-11-23 (20:42)
  • 大工
  • URL
  • 編集

[C384] クゥラァ、働けぇ

月:仕事の英気を養うために遊ぶ
火:もう、めいっぱい忙しくお仕事
水:癒しの...
木:気の小さい私は悩む
金:カーチャンとお出かけ(贖罪)
土:気疲れのお休み
日:復活のパーチィ

ウン、充実の一週間じゃい(^▽^笑)。
  • 2007-11-23 (23:43)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

偶には浸ってみるか、この名言

プロフィール

NEeDS

Author:NEeDS
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。