Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://helloneeds.blog90.fc2.com/tb.php/160-e211634a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

田母神氏「とくに感想はありません」

何で重要なこと、一事が万事、根本に手を付けないのだろうか。
だから国民の支持を得られないと気が付かないのだろうか。
あまりにも国民を嘗めているとわからないのだろうか。


参院外交防衛委での田母神俊雄・前航空幕僚長の参考人招致
http://sankei.jp.msn.com/etc/081111/etc0811111504001-n1.htm

田母神氏
「自衛官も言論の自由が認められているはずだから、言論の自由が村山談話によって制約されると、いうことではない」

言論の自由を盾にしている。だが、シビリアンコントロールはその前にある。

田母神氏
「ぜひ、どこが私が悪かったのかを、あの、審理してもらった方が問題の所在がはっきりするという風に申し上げました」

浜田靖一防衛相は、
懲戒手続きが最後まで審議ができない可能性があり、やめて貰うとの判断は最善と思っていると答えている。
定年がすぐ来る、懲戒免職に至るまでは10ヶ月
「(その間、隊員への)影響をわれわれとすれば一番いい形で、処分することが重要だということを考えて、今回決断に判断をした」
つまり、逃げていると言わざるを得ない。

浜田防衛相
「今回の、それこそ今、私はそのいった内容が極めて政府見解と異なって、それが問題であるということをお話申し上げました。これに関してわれわれとしては、毅然とした態度を示す必要があった。ですから、そういったものに対しては、一刻も早くおやめをいただきたいという思いでそういった形を取った訳であります」

毅然たる態度がそれというのが問題だ。
田母神氏の問題は、国防(シビリアンコントロール)に対する重要な問題を含んでいる。
この議論を避けるのはむしろ防衛省の怠慢、国民に対する冒涜と考える。

1月(定年退職)で審議が終わってしまうから懲戒手続きに入らないと言うのは、
単なる個人の懲戒に関してだけ、まるで人ごと、面倒と言うに等しく、重要さを感じていない。
否、たぶん、感じているが論破できないと言っているのだろう。

犬塚氏
「どうして懲戒処分しないのか。一番はじめは懲戒処分をしようと思っていた。本人がもし、自分で退職しなければ、懲戒手続きに入るということを前提としてはじめは本人に連絡している。にもかかわらず、本人が徹底的に論戦をするといったら辞めてしまった。これは不思議でしようがない。どうしてそういう弱腰になるのか」
浜田防衛相
「先程来申しあげてますように、この審理の時間、先ほど申しあげたように、退職の時期というものを考えて、私とすれば、辞めていただくには一番それが早いということがございましたんで、私とすればそれをとったということでございまして、委員のご意見に関しては、私はそういう指摘もあるだろうなというふうには思いますが、しかし、私の判断としてはそういう判断をとったということでございます」
犬塚氏
「これは防衛大臣だけではなくて、麻生大臣も類似のことを述べております。定年になるから、その段階で決着しないと具合が悪い、というようなことを述べております。私は、このような政府の取り組みは問責に値するということを申しあげて質問を終わります」

浜田防衛相
「手続きをするよりも早期退職をしていただいた方が同じ退職を選ぶことであるならば早期にやめてもらう方が重要だと考えた」

単なる事務手続きの問題と片付け、逃げようとしている。
これでも、「シビリアンコントロールを第一義でやっている」というのだから...


そして、この一言にすべてを見た。

小池氏「こうした議論を聞いて感想は」
田母神氏「とくに感想はありません」


ぶははは、全くそうだ。
あきれてものが言えないと言っている。この「腑抜けが」と言うところだろう。
俺は受けて立つと言ってるのに、この体たらく。情けないと思わないか!と言いたいだろうなぁ。
それを言わずに答えたことに拍手したいね。

断っておくが、
私は田母神氏の清々堂々の所作に拍手するものであり、
       (結論の出し方、考えは) 間違っている と言っている。
 

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://helloneeds.blog90.fc2.com/tb.php/160-e211634a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

偶には浸ってみるか、この名言

プロフィール

NEeDS

Author:NEeDS
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。