Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://helloneeds.blog90.fc2.com/tb.php/176-d10673d9

-件のトラックバック

-件のコメント

[C526] 内容が古すぎやしませんか?

いまどき、PICの説明は古すぎやしませんか?
APICによる説明をするか、出来ないのならしない方がましと思います。
ご自分のパソコンで、IRQを確認しましたか?
20番台が使われていませんか?
APICが外付けだったのはIntelだと440BXあたりまで。
以降はチップセットに統合されているので、
WinXPを使っていれば、シングルCPUでもAPICを使っています。
それから、IRQステアリングとIRQの共有は同じものではありません。
カーネルとカーネルモードにも混乱があるように見えます。
どうも、ハードとソフトの知識がごちゃ混ぜになっていませんか?
  • 2009-06-25 (13:22)
  • FUFUFU
  • URL
  • 編集

[C527] やはり指摘されたか

その通り、ゴッチャになってます。
イメージ持って貰うためなんですが...返って誤認を招く恐れがあるか...

ありがとうございます。
再考します。

  • 2009-06-25 (18:26)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

[C528] 修正してみた

これでもチョと違うかな...まぁ、講座擬きのコンセプトとしての落としどころかな^^;
  • 2009-06-30 (13:10)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Section 3 [ハードウェアリソースにアドレス] 2

Section 3 [ハードウェアリソースにアドレス] 2   PCスキルアップ講座(擬き) 10

1.割り込み要求(IRQ)
 デバイスは自身の作業のためIDを割り当てられます。CPUにこれお願いと示す番号札という感じ。それにより他の作業に割り込みします。
CPUはたくさんの作業(タスク)を一定に区切ってこなすことにより動いています(同時にやっているように見せている)。マルチタスクということね。
割り込み要求とはそれに入れて貰うわけです。
ドライバがロードされるときIRQがプログラム(ドライバ)に組み込まれます。
謂わば整理券。何せ、IRQというリソースは16枚しか発行されないのですから。
もっともOSがIRQステアリングとして、一枚の入場券を共有利用してますが...カーシェアリングみたいにね。
もっとも今ではAPIC(Advanced Programmable Interrupt Controllers)によって、必要な数だけIRQが割り当てられるように解決が図られている。
割り込みコントローラの下に担当者(IRQステアリングデバイスを組み込むなど)を設けて、一枚の入場券を共有利用...カーシェアリングみたいにね。


2.I/Oポートアドレス
 これは航路(バス)の港(ポート)の位置(アドレス)。CPU-デバイス間に専用線が全部引かれているワケじゃないのよ。レールの上をいろいろな列車いろんな行き先...目的の発着ホームに行きますよね。そのホーム(アドレス)を決めているのです。
親父は方向音痴のくせにあまり確認せず...だから方向音痴なんだろうけど、よくいろんなところに連れて行ってくれました。行き先プレートや駅アナウンス、列車の色分けなどしてあるんですけどねぇ。
データは、バスの上を流れます。データには色など付いてないですが、始まりと終わりの印の間に、行き先(ポートアドレス)があり、それ見て「これ、私のだ」と受け取り、律儀に送り先に「受け取ったよ」と返事します。
道は1つでもデータ(パケット)はそれぞれの宛先デバイス、「違いのわかる男(デバイス)」たらしめる仕組みの札。
データの衝突、競合(コンフリクト:同じアドレスを与えた)を起こさぬよう決めたキマリ、そのアドレスに置けばデバイスに渡る。
言い換えれば、
CPUに取ってはメモリ上のアドレスに過ぎませんが、メモリ上に置かれた出先、デバイスそのものです。
アドレス範囲(I/Oアドレス空間)はIRQに比べれば格段に違いますが、有限(64KB。65536)です。
兎も角、一意でないといけないのは判りますよね。

3.DMAチャンネル
 DirectMemoryAccess
 データの受け渡しをCPU介さずにデバイス間(デバイス-DMAC-メモリ)で行うためのもの。
 CPUの代わりにDMAC(DirectMemoryAccessControl)が受け持つ仕組みで、チャンネル管理をします。で、それが8チャンネルなんです。しかも、そのうち予約取られてる(DMACとFDC、サウンドに2つ)ので残りは4つってのが通常。まぁ、直接取引ってのは数少ないでしょうから...勝手にやるわけにもイカンでしょ、そう許可あって取引できるワケね。

4.メモリアドレス
 文字通りデータアクセスのためのアドレス。
 アプリケーションやデバイス、勿論CPUがメモリを使用できるようOSがデータをアドレスで管理することで提供する仕組み。
メインメモリアドレス空間はかなりあるものの32bit処理と言うことは2の32乗、約40億(4GB)
システムが予約する分が引かれて、実際に割り振られるのは3GB+
Vistaがふんだんにメモリ要求しますから、4GB積んでも3GBちょいしか認識しないと話題になったやつね。
アドレスの札として4GB分あっても、そのうち1GBほどシステム用に使っちゃう(予約される)から、メモリアドレス用にはその残りしか振れない。アドレス与えられない分は、実際あっても使えないわけ。
じゃあ、余った分をシェアリングみたいにコントロールしちゃえばって考えた?
そう言うツールは確かにある。
64bitOSにすれば当然それは解決するけどね(2の64乗)。


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://helloneeds.blog90.fc2.com/tb.php/176-d10673d9

0件のトラックバック

3件のコメント

[C526] 内容が古すぎやしませんか?

いまどき、PICの説明は古すぎやしませんか?
APICによる説明をするか、出来ないのならしない方がましと思います。
ご自分のパソコンで、IRQを確認しましたか?
20番台が使われていませんか?
APICが外付けだったのはIntelだと440BXあたりまで。
以降はチップセットに統合されているので、
WinXPを使っていれば、シングルCPUでもAPICを使っています。
それから、IRQステアリングとIRQの共有は同じものではありません。
カーネルとカーネルモードにも混乱があるように見えます。
どうも、ハードとソフトの知識がごちゃ混ぜになっていませんか?
  • 2009-06-25 (13:22)
  • FUFUFU
  • URL
  • 編集

[C527] やはり指摘されたか

その通り、ゴッチャになってます。
イメージ持って貰うためなんですが...返って誤認を招く恐れがあるか...

ありがとうございます。
再考します。

  • 2009-06-25 (18:26)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

[C528] 修正してみた

これでもチョと違うかな...まぁ、講座擬きのコンセプトとしての落としどころかな^^;
  • 2009-06-30 (13:10)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

偶には浸ってみるか、この名言

プロフィール

NEeDS

Author:NEeDS
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。