Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://helloneeds.blog90.fc2.com/tb.php/18-fa386b89

-件のトラックバック

-件のコメント

[C49] 学校の責務

これから様々なことを教え、そしてその子供たちが結婚する年齢に至るまでの長期にわたる計画も必要かなと思います。(日本は長期プランがまだ未熟なような) TVの前で謝るオトナではなく、まずは父親からはじめる厳しさ・美しさがあればと。
  • 2007-03-13 (20:54)
  • 滝川クリスタル
  • URL
  • 編集

[C50] 今の状況では、それはしてくれるなと言いたい

#本来はその通りと言いたいのですが...

>長期にわたる計画も必要かなと思います。
国家運営としての計画なら確かに。
しかし、教育行政としては、私は「するな」と考えています。
なぜなら、大概管理強化になると危惧するのです。


現在でもですが、私が学生の頃、
その5の冒頭にあげた「勉強の目的(何故勉強せなイカンのか)」を問うても、
明解に答えてくれた先生は一人もいませんでした。
#私が「そういうことだったのか」と納得できる回答はなかった

ゆとり教育は理解度を深めるのが目的(答申)の筈なのに、実施されたものはゆとりをなくすものに、
で、その反省にたっての教育再生会議の答申は本質を外している
などに見られるように、尚更管理強化になるか、現場が混乱することになりかねない。
#ゆとり教育に関して記事にする予定(のつもり)

ましてや、政治家にはとても任せられないと言いたい。


して欲しいのは、
個人の尊重の芽を持たせること、
理を知りその上に立って正しく議論できること、
要するに、
自分の考えを言え、他者の考えを理解する能力を持たせること。
それだけに意を尽くすだけで良いと考えています。
それだけを指針して、やり方などは現場に任せろと言いたいのです。
「何も知らんくせに余計なことすんな」ってw

で、子供と言えど自己責任とせよ、ってことです。
知識を得られるかどうかなどは二の次で良い。
  • 2007-03-13 (23:32)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

[C51] 確かに

自己責任の重さ。とても大事だと思います。それを指針していく立場のインフラが実は見つけられませんでした。政治家に任せると最悪ですが、第三者的企業が絡んでも利権に発展しますし難しいところかもしれません。
  • 2007-03-15 (18:36)
  • 滝川クリスタル
  • URL
  • 編集

[C52] 目新しいものではないのよ

>それを指針していく立場のインフラが実は見つけられませんでした。
記事にも書きましたが、校訓そのもので良いのです。
国があれこれと事細かに指導などするなと言いたいわけです。
校訓でないとしても、「よく学び、よく遊べ」ってあるでしょう、つまり、子供がより積極的に、能動的に取り組むようし向けることですよ、別に何ら変わったことするのではないわけで。

質問させよ、発言させよ、理解したか確認せよと言うこと。

授業で眠くなるのは教師側の一方通行だから、時間の半分は生徒が発言するような環境とかね。
つまらないのは暗記させようとしているとも言え、興味を持たせるにどうするかやし、
興味に偏りがあってもそれは個性であるかも知らんが、基礎的なことには、すべて関わりあることを示していくことが肝要で、教科目に拘らずってことやと考える。
それが総合学習のねらいやし...
教える項目減らしたのもそれがねらいの筈やし...

それらは子それぞれに違いがあるのだから、やり方は細かいことは現場に...がガイダンスだけと言うことなんです。
極論すればスローガンだけにしても良いくらい。
「わからないことは質問しよう」とかね。
教師サポート面で考えての、問題時カウンセラー派遣で済ませず、
子供電話相談室とかインターネット利用するとか、学校単位で常時設けるとか、より積極的に発言するようし向けることは余裕なきゃできん事やからね。

現状は生徒の質問受けられない程忙しいのが問題。
自分たち(国)にできん事を指導して何やってんだと言いたいわけ。
  • 2007-03-15 (20:30)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

[C53] お邪魔でしょうが・・・

お邪魔します・・・。
此処暫く、5部作全て印刷し眺めておりました。
(大切な事、記憶すべきことは紙に出さねば済まぬ性分なので)
私は、親としてまだ初心者ですので勉強すべき点が沢山有る事を感じさせてくれる記事の数々でした。
で、1つだけ。
>コミュニケーションを図らねば、自己の欲求を示す事も、他の事を読み取る事もできない。

先日、長島一茂氏がいっておられました。
「先ずは、挨拶から。」
お父様から躾けられた礼儀、でも親とのコミュニケーションでもあるとの事。
朝、起きて親にお早う、頂きます。ご馳走様、いってきます。お休みなさい。
たったこれだけの言葉でも十分コミュニケーションが取れますよね。でもこれすら失われつつある現代。
ソースは、忘れましたが携帯電話がコミュニケーションを疎遠にした張本人であると言うのを、前見ました。
携帯では何時間、場所を問わず会話が出来るのに「会って話す」を億劫がるようになったのは何故?
そんな感覚の人たちが大人になり子を持った時、
子供とのコミュニケーションが成立するとは思いづらい。
何故なら相手の目、表情をを見て話すと言う事が
苦手になるから、と言う内容だったと思います。
思うにこれが人を思いやると言う事も退化させているのでは?と感じることもしばしば。
だって相手の表情を見てその人の気持ちを汲み取ると言うことが出来なくなって、発した言葉が相手を
傷つけたり追い込んだりしている。受け取る側も
もしかしたら相手の表情を読めずに発した本人が
意図とする以上の解釈をし自分を追い詰めて行く。

発した側は相手が傷つくことを想定したのか?受け取る側もそれをいじめと捕らえるのか?
(全てとは言いませんが)コミュニケーションのとることで回避できる事も有るのかな?と思います。

親と学校もしかり。お互いのコミュニケーションが子を守りそして成長させてゆく、そう言うシステムを
構築できるような気がします。
学校は、教育委員会や国の機関が運営してゆくものではなく、やはり先生と子を預ける親が一体となって
運営すべきものと再認識しなければならないと思います。
*給食費を払えるのに払ってない親に限って「頂きますを言う必要性が有るのか?」とほざく時代ですので。
毎回、乱文 駄コメで失礼しました。
  • 2007-03-17 (02:14)
  • ぶう
  • URL
  • 編集

[C54] おはこんばんちは

>お邪魔でしょうが・・・
とんでもhappenよ。

欲を言えば、私的には「異論」「反論」を頂きたいなぁ~ってw


そう、挨拶って良いですよね。
それが品性に基づくものなら、なおね。
校門の前にならばれて「お゛はよう」なんて言われんのは違和感もつが...
だから、
>「頂きますを言う必要性が有るのか?」
なんて言われたら、
「じゃ、頂きますって何だと思いますか?」って問い返すだろうな。
その親も考えることしていないと思うから。

給食費払ってもらえない子の友達が、バイトして払ってあげてるなんてのがあるらしい。
哀れだ。

[C55] むむ

(あくまでも意見ととしてですので他意は全くありません)

子供の自己責任を育てるのには学校は副食という考えです。主食は別にありきかと。

自己責任を教えるには土壌が脆すぎると感じるのです。そこにいる現場監督である先生もまた整地できるだけの流れを把握できていない。と、考えます。
  • 2007-03-17 (18:47)
  • 滝川クリスタル
  • URL
  • 編集

[C56] to 滝川クリスタルさん

異議なし。

>自己責任を教えるには土壌が脆すぎると感じるのです。
はい。
私が言うとるのもそれで、
『時間の半分は生徒が発言するような環境とかね。』#comment52
のようなこと教師に余裕なきゃできんです。
生徒が前向きになれば自然といじめ他諸問題がクリアされていくだろうと考えるのです。
自然、自己責任も培われると...


>(あくまでも意見ととしてですので他意は全くありません)
はい。
私には一切斟酌要りませんです。
どの様に言われようと正しく議論できる...つもりです(^▽^笑)。

[C57] ありがとうございます

まだ病み上がりですので(お酒が飲みたい・・・)失礼なコメントなど多々あることがありましたがNEeDSさんの一言で救われました。

  • 2007-03-17 (22:19)
  • 滝川クリスタル
  • URL
  • 編集

[C58] こちらこそ、ありがとう

>失礼なコメントなど多々あることがありました
ハテ?
それに該当するコメントありませんよ^^;


>まだ病み上がりですので(お酒が飲みたい・・・)
お大事に。快方祝いでビール飲んでます<嫌みかw

忌憚なく、これからもヨロシク。

[C65] 小さなお願い

おはようございます
いじめに関する考察は興味深く読ませていただいております。失礼ですがNEeDSさんは教育者でいらっしゃいますか?どこぞの大学の教授でひょっとして書籍なんかも出されていたりする大先生でいらっしゃるかも?と思っています。この問題は今某所で議論されている自業自得や自己責任にも関連してくるのでしばらく勘案中です。教えを請うこともあるかと思います。

ところでお願いがあります。議論のときなどは時系列も重要な要素になりますので出来ましたら記事やコメント欄についている日付を分単位で表示するように変更していただけると嬉しいです。このテンプレの設定がデフォルトで日にちだけの表示なのだと思います。今私が使っているfc2のテンプレも同様でしたので分単位表示に変更しています。 一度ご検討くださいませ。
  • 2007-03-24 (09:47)
  • ももんが
  • URL
  • 編集

[C66] はい

>分単位表示に変更
如何でしょう。

そうそう、ももんがさんの質問に、あ~お答えします。

(答) booooooooooo!

単なる小市民よ、教育者ではないが高校レベルの質問に応えられる...と思ってるが他の評価は???
即答は無理。
忘れてるからだが、質問者と共に答を導き出していると言うだけのことや。

あっ、解らんものには即答しとる。
#数学にはそういう場面はないが...たぶん...ウーン

「知らん」とw

と言うわけで、
>教えを請うこともあるかと思います。
はい。
私で宜しければ、上記同様にどんどんお答えします(^▽^笑)。

[C67] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C68] 私はこれで人生を躓いたw



           数学大嫌い~!
  • 2007-03-24 (16:18)
  • ももんが
  • URL
  • 編集

[C69] 想像力なんですよ

ナイショさんw 注目情報ありがとう。

>数学大嫌い~!
(^▽^笑)。

ところで、ももんがさん、
パズルやなぞなぞって好きですか?
  • 2007-03-24 (16:29)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

[C70] どちらも苦手です

パズルはイライラするし、なぞなぞはそれこそ応用力が足りなくて。。。救いようがないですね。
  • 2007-03-24 (16:42)
  • ももんが
  • URL
  • 編集

[C71] 音楽すきですか

あらら、でも嫌いではないなら救いはあるw

ちょと話がそれますが...

イライラも応用力も...それらは芸術が関係するんですよ。
感性を磨き、数字にイメージが伴うとひらめきが付いてくるってことかな。
何かなぞなぞみたいなこと言ってしまいましたw

実社会に数学はある。その分、好き/嫌いなんて関係ない。
逆に学校の数学には実社会はない。
必要とするイメージなくやるのではオモロくない。
モチベーションを如何に付けるかってことです。
解き方なんて1つでないし、そこに美しさを見いだせたらとか感動を持たせることとも言える。
で、その感性の元は人生(経験)。

その経験はまず師が持っており、世にある(データベース)のが芸術なのです。

だから数学に必要なスパイスってのは、絵とかピアノとか行った芸事、
囲碁なんてのが良いのはそういうことなんや。
塾なぞ行かせんのはまず芸事から考えなあかんと。
いきなり百マス何かさせられたらつまらんし、それでも嬉々として出来るんなら良いのやけど。
#それ褒めるってことで感動を示すこと
  • 2007-03-24 (17:35)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

[C72] ゲージツですか?

実は私、音楽大好き人間です。
クラシックも聞きますが、基本的にはいわゆる洋楽っていうジャンルが一番近いところにあるかもしれません。
絵画鑑賞も好きですよ。ピアノだって昔は弾いていました。(今は自宅にピアノがない)
でもそのことと数学とどうつながるのか?

>実社会に数学はある。その分、好き/嫌いなんて関係ない。
逆に学校の数学には実社会はない。
必要とするイメージなくやるのではオモロくない。

これはよくわかります。学ぶ環境にも問題があるんですね。
数学好きな方は一つの答えを求めるその過程にロマンがあるのだなどといわれるんですが、私にはゴーモンそのもの。
もっと単純に考えると「興味が湧かない→出来ない→出来ないと嫌いになる」という悪のスパイラルでしょうか。
囲碁のように何手も先を読んで打つなんてのはコンピューター的(数学的)な頭脳回路なのかと思っていましたが、違うんですかw

 #数学の先生も嫌いだったな~
  • 2007-03-24 (18:33)
  • ももんが
  • URL
  • 編集

[C74] 記事にしました。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

いじめ その5: まったりと処方箋

お気付きの方もおられるかも知れませんが、
私は勉強する目的を、
コミュニケーションの手段を学ぶもの
と言う視点で考えています。
#子の素朴な疑問にそれで説明が付けられるので


社会に於いても、人は一人では生きていけない。
つまり、人は世の中の事すべてに於いて意識せずとも何らかの関わりを持っている。
#お陰様で...の意

関わりを持つからには、
コミュニケーションを図らねば、自己の欲求を示す事も、他の事を読み取る事もできない。
自己のことのみでは他から糾弾されるし、社会のルールを変えようとしても他の理解を得なければならないだろう。
自己の弁を示すに、他者の理解を得るためにも...

その為に、
言葉/文字があり(国語、外国語)、
ものの名前解決に、その状況明示に(数学、理科)、
世の中の現状認識、先人の知恵/知識を(社会、歴史)、
人は心(感情)を持ち、また忘れるものであるゆえ、感動を呼び、記憶に残す表現(体育、芸術)、
など、
どれ1つ欠けても正しく伝える事も読み取る事も不十分となる。

それらまとめ応用の訓練がディベート、あるいは総合学習であろう。
特にディベートに関しては不足している。
最近は幾らかされているかのようだが、十分とは言えんだろう。
また、
個人の尊重と言いながら、過去に於いては1つの結論に誘導する傾向もあり、
異議が認められん場を助長している感も持つ...つまり、良くも悪くも群れたがる。
この辺は以和為尊の意が歪められていると考える。
#外交下手と言われるのはここにありそうな気が...

受験科目でないからと蔑ろにする現状は嘆かわしいとしか言えない。
健全な社会、未来の社会を託すなら、目先の事に囚われたのでは望むべくもない。


モチベーションを与える事が肝要とよく言われるが、
教師に於いて、

 生徒に勉強の意義を明確にしているだろうか。
 テストは本来、自らの理解度を測り目的を持たすものだが、順序づけや選別と同義語にしてはいないか。

甚だ疑問だ。


質実剛健などと、進んで学び、心豊か、たくましくといった類の校訓を上げているだろうが、内実その通りとは言い難い。
もし、その通りを望むならオミットしてはイカン。情報公開し考える機会を与えるべきである。
正しい事実なくば憶測を招き、歪みを生じる。
教育の場には政治(大人の事情)を持ち込んではイカンと考える。
否、持ち込んでも良いのだが隠すな、それも教育、水清ければ不魚住を知る機会、清濁を示せと言う事だ。
社会にあっての妥協を示すのではない、公序良俗がなへんにあるかを考えさせる事だ。

形だけの生徒会活動ではなく議論させよ。
文化祭の後押しをせよ。
自由討論させ、問いに権力をかざし逃げるような事せず、受けて立て。
教師としての真摯な対応が信頼を得られ、悪循環を断ち切り、いじめも少なくなるなるだろう。

子供と侮ってはいけない、
兎も角、見ていることを示せ、真摯に向き合え。
今の体制に従順なるものを育成目的であるなら兎も角、未来を託す育成であるなら事細かく管理しては育つものも育たない。


あれダメ、これダメと管理するのでなく、子供自らを管理させよ。
自分と他人(社会)の関わり、義務と責任、権利を知る機会とせよ。
ルールが何か、理解させよ、議論させよ。
その場の提供者として指針(ガイダンス)を示すに留めよ。
安定した場の提供を満たせば良いはずと考えるからだ。


つまり、
隠すな(情報公開)」「決めつけるな(自由)」「考えさせよ(議論)

校訓にあることと何ら変わるものでないだろう。
その意味を理解して実行せよと言っているに過ぎない。
#校訓が形骸化していないかい
#その意味では「初心忘るべからず」だ

放任するのではない、みまもれと言っているのだ。

健全な教育現場を保つに、
大人の事情で歪めるな、子供とて人格あることを認め、尊重せよ と言いたい。
自分を認められること、他者を認めることを共に教えよ(示せ)、それがいじめの元を抑制すると考える。

理解するも甘いとかいろいろ異論はあるだろうが、私はそう考える。
管理されたいと私は思わんから、...縛られんのはイヤだ。


#ひとまず、〆
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://helloneeds.blog90.fc2.com/tb.php/18-fa386b89

0件のトラックバック

19件のコメント

[C49] 学校の責務

これから様々なことを教え、そしてその子供たちが結婚する年齢に至るまでの長期にわたる計画も必要かなと思います。(日本は長期プランがまだ未熟なような) TVの前で謝るオトナではなく、まずは父親からはじめる厳しさ・美しさがあればと。
  • 2007-03-13 (20:54)
  • 滝川クリスタル
  • URL
  • 編集

[C50] 今の状況では、それはしてくれるなと言いたい

#本来はその通りと言いたいのですが...

>長期にわたる計画も必要かなと思います。
国家運営としての計画なら確かに。
しかし、教育行政としては、私は「するな」と考えています。
なぜなら、大概管理強化になると危惧するのです。


現在でもですが、私が学生の頃、
その5の冒頭にあげた「勉強の目的(何故勉強せなイカンのか)」を問うても、
明解に答えてくれた先生は一人もいませんでした。
#私が「そういうことだったのか」と納得できる回答はなかった

ゆとり教育は理解度を深めるのが目的(答申)の筈なのに、実施されたものはゆとりをなくすものに、
で、その反省にたっての教育再生会議の答申は本質を外している
などに見られるように、尚更管理強化になるか、現場が混乱することになりかねない。
#ゆとり教育に関して記事にする予定(のつもり)

ましてや、政治家にはとても任せられないと言いたい。


して欲しいのは、
個人の尊重の芽を持たせること、
理を知りその上に立って正しく議論できること、
要するに、
自分の考えを言え、他者の考えを理解する能力を持たせること。
それだけに意を尽くすだけで良いと考えています。
それだけを指針して、やり方などは現場に任せろと言いたいのです。
「何も知らんくせに余計なことすんな」ってw

で、子供と言えど自己責任とせよ、ってことです。
知識を得られるかどうかなどは二の次で良い。
  • 2007-03-13 (23:32)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

[C51] 確かに

自己責任の重さ。とても大事だと思います。それを指針していく立場のインフラが実は見つけられませんでした。政治家に任せると最悪ですが、第三者的企業が絡んでも利権に発展しますし難しいところかもしれません。
  • 2007-03-15 (18:36)
  • 滝川クリスタル
  • URL
  • 編集

[C52] 目新しいものではないのよ

>それを指針していく立場のインフラが実は見つけられませんでした。
記事にも書きましたが、校訓そのもので良いのです。
国があれこれと事細かに指導などするなと言いたいわけです。
校訓でないとしても、「よく学び、よく遊べ」ってあるでしょう、つまり、子供がより積極的に、能動的に取り組むようし向けることですよ、別に何ら変わったことするのではないわけで。

質問させよ、発言させよ、理解したか確認せよと言うこと。

授業で眠くなるのは教師側の一方通行だから、時間の半分は生徒が発言するような環境とかね。
つまらないのは暗記させようとしているとも言え、興味を持たせるにどうするかやし、
興味に偏りがあってもそれは個性であるかも知らんが、基礎的なことには、すべて関わりあることを示していくことが肝要で、教科目に拘らずってことやと考える。
それが総合学習のねらいやし...
教える項目減らしたのもそれがねらいの筈やし...

それらは子それぞれに違いがあるのだから、やり方は細かいことは現場に...がガイダンスだけと言うことなんです。
極論すればスローガンだけにしても良いくらい。
「わからないことは質問しよう」とかね。
教師サポート面で考えての、問題時カウンセラー派遣で済ませず、
子供電話相談室とかインターネット利用するとか、学校単位で常時設けるとか、より積極的に発言するようし向けることは余裕なきゃできん事やからね。

現状は生徒の質問受けられない程忙しいのが問題。
自分たち(国)にできん事を指導して何やってんだと言いたいわけ。
  • 2007-03-15 (20:30)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

[C53] お邪魔でしょうが・・・

お邪魔します・・・。
此処暫く、5部作全て印刷し眺めておりました。
(大切な事、記憶すべきことは紙に出さねば済まぬ性分なので)
私は、親としてまだ初心者ですので勉強すべき点が沢山有る事を感じさせてくれる記事の数々でした。
で、1つだけ。
>コミュニケーションを図らねば、自己の欲求を示す事も、他の事を読み取る事もできない。

先日、長島一茂氏がいっておられました。
「先ずは、挨拶から。」
お父様から躾けられた礼儀、でも親とのコミュニケーションでもあるとの事。
朝、起きて親にお早う、頂きます。ご馳走様、いってきます。お休みなさい。
たったこれだけの言葉でも十分コミュニケーションが取れますよね。でもこれすら失われつつある現代。
ソースは、忘れましたが携帯電話がコミュニケーションを疎遠にした張本人であると言うのを、前見ました。
携帯では何時間、場所を問わず会話が出来るのに「会って話す」を億劫がるようになったのは何故?
そんな感覚の人たちが大人になり子を持った時、
子供とのコミュニケーションが成立するとは思いづらい。
何故なら相手の目、表情をを見て話すと言う事が
苦手になるから、と言う内容だったと思います。
思うにこれが人を思いやると言う事も退化させているのでは?と感じることもしばしば。
だって相手の表情を見てその人の気持ちを汲み取ると言うことが出来なくなって、発した言葉が相手を
傷つけたり追い込んだりしている。受け取る側も
もしかしたら相手の表情を読めずに発した本人が
意図とする以上の解釈をし自分を追い詰めて行く。

発した側は相手が傷つくことを想定したのか?受け取る側もそれをいじめと捕らえるのか?
(全てとは言いませんが)コミュニケーションのとることで回避できる事も有るのかな?と思います。

親と学校もしかり。お互いのコミュニケーションが子を守りそして成長させてゆく、そう言うシステムを
構築できるような気がします。
学校は、教育委員会や国の機関が運営してゆくものではなく、やはり先生と子を預ける親が一体となって
運営すべきものと再認識しなければならないと思います。
*給食費を払えるのに払ってない親に限って「頂きますを言う必要性が有るのか?」とほざく時代ですので。
毎回、乱文 駄コメで失礼しました。
  • 2007-03-17 (02:14)
  • ぶう
  • URL
  • 編集

[C54] おはこんばんちは

>お邪魔でしょうが・・・
とんでもhappenよ。

欲を言えば、私的には「異論」「反論」を頂きたいなぁ~ってw


そう、挨拶って良いですよね。
それが品性に基づくものなら、なおね。
校門の前にならばれて「お゛はよう」なんて言われんのは違和感もつが...
だから、
>「頂きますを言う必要性が有るのか?」
なんて言われたら、
「じゃ、頂きますって何だと思いますか?」って問い返すだろうな。
その親も考えることしていないと思うから。

給食費払ってもらえない子の友達が、バイトして払ってあげてるなんてのがあるらしい。
哀れだ。

[C55] むむ

(あくまでも意見ととしてですので他意は全くありません)

子供の自己責任を育てるのには学校は副食という考えです。主食は別にありきかと。

自己責任を教えるには土壌が脆すぎると感じるのです。そこにいる現場監督である先生もまた整地できるだけの流れを把握できていない。と、考えます。
  • 2007-03-17 (18:47)
  • 滝川クリスタル
  • URL
  • 編集

[C56] to 滝川クリスタルさん

異議なし。

>自己責任を教えるには土壌が脆すぎると感じるのです。
はい。
私が言うとるのもそれで、
『時間の半分は生徒が発言するような環境とかね。』#comment52
のようなこと教師に余裕なきゃできんです。
生徒が前向きになれば自然といじめ他諸問題がクリアされていくだろうと考えるのです。
自然、自己責任も培われると...


>(あくまでも意見ととしてですので他意は全くありません)
はい。
私には一切斟酌要りませんです。
どの様に言われようと正しく議論できる...つもりです(^▽^笑)。

[C57] ありがとうございます

まだ病み上がりですので(お酒が飲みたい・・・)失礼なコメントなど多々あることがありましたがNEeDSさんの一言で救われました。

  • 2007-03-17 (22:19)
  • 滝川クリスタル
  • URL
  • 編集

[C58] こちらこそ、ありがとう

>失礼なコメントなど多々あることがありました
ハテ?
それに該当するコメントありませんよ^^;


>まだ病み上がりですので(お酒が飲みたい・・・)
お大事に。快方祝いでビール飲んでます<嫌みかw

忌憚なく、これからもヨロシク。

[C65] 小さなお願い

おはようございます
いじめに関する考察は興味深く読ませていただいております。失礼ですがNEeDSさんは教育者でいらっしゃいますか?どこぞの大学の教授でひょっとして書籍なんかも出されていたりする大先生でいらっしゃるかも?と思っています。この問題は今某所で議論されている自業自得や自己責任にも関連してくるのでしばらく勘案中です。教えを請うこともあるかと思います。

ところでお願いがあります。議論のときなどは時系列も重要な要素になりますので出来ましたら記事やコメント欄についている日付を分単位で表示するように変更していただけると嬉しいです。このテンプレの設定がデフォルトで日にちだけの表示なのだと思います。今私が使っているfc2のテンプレも同様でしたので分単位表示に変更しています。 一度ご検討くださいませ。
  • 2007-03-24 (09:47)
  • ももんが
  • URL
  • 編集

[C66] はい

>分単位表示に変更
如何でしょう。

そうそう、ももんがさんの質問に、あ~お答えします。

(答) booooooooooo!

単なる小市民よ、教育者ではないが高校レベルの質問に応えられる...と思ってるが他の評価は???
即答は無理。
忘れてるからだが、質問者と共に答を導き出していると言うだけのことや。

あっ、解らんものには即答しとる。
#数学にはそういう場面はないが...たぶん...ウーン

「知らん」とw

と言うわけで、
>教えを請うこともあるかと思います。
はい。
私で宜しければ、上記同様にどんどんお答えします(^▽^笑)。

[C67] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C68] 私はこれで人生を躓いたw



           数学大嫌い~!
  • 2007-03-24 (16:18)
  • ももんが
  • URL
  • 編集

[C69] 想像力なんですよ

ナイショさんw 注目情報ありがとう。

>数学大嫌い~!
(^▽^笑)。

ところで、ももんがさん、
パズルやなぞなぞって好きですか?
  • 2007-03-24 (16:29)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

[C70] どちらも苦手です

パズルはイライラするし、なぞなぞはそれこそ応用力が足りなくて。。。救いようがないですね。
  • 2007-03-24 (16:42)
  • ももんが
  • URL
  • 編集

[C71] 音楽すきですか

あらら、でも嫌いではないなら救いはあるw

ちょと話がそれますが...

イライラも応用力も...それらは芸術が関係するんですよ。
感性を磨き、数字にイメージが伴うとひらめきが付いてくるってことかな。
何かなぞなぞみたいなこと言ってしまいましたw

実社会に数学はある。その分、好き/嫌いなんて関係ない。
逆に学校の数学には実社会はない。
必要とするイメージなくやるのではオモロくない。
モチベーションを如何に付けるかってことです。
解き方なんて1つでないし、そこに美しさを見いだせたらとか感動を持たせることとも言える。
で、その感性の元は人生(経験)。

その経験はまず師が持っており、世にある(データベース)のが芸術なのです。

だから数学に必要なスパイスってのは、絵とかピアノとか行った芸事、
囲碁なんてのが良いのはそういうことなんや。
塾なぞ行かせんのはまず芸事から考えなあかんと。
いきなり百マス何かさせられたらつまらんし、それでも嬉々として出来るんなら良いのやけど。
#それ褒めるってことで感動を示すこと
  • 2007-03-24 (17:35)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

[C72] ゲージツですか?

実は私、音楽大好き人間です。
クラシックも聞きますが、基本的にはいわゆる洋楽っていうジャンルが一番近いところにあるかもしれません。
絵画鑑賞も好きですよ。ピアノだって昔は弾いていました。(今は自宅にピアノがない)
でもそのことと数学とどうつながるのか?

>実社会に数学はある。その分、好き/嫌いなんて関係ない。
逆に学校の数学には実社会はない。
必要とするイメージなくやるのではオモロくない。

これはよくわかります。学ぶ環境にも問題があるんですね。
数学好きな方は一つの答えを求めるその過程にロマンがあるのだなどといわれるんですが、私にはゴーモンそのもの。
もっと単純に考えると「興味が湧かない→出来ない→出来ないと嫌いになる」という悪のスパイラルでしょうか。
囲碁のように何手も先を読んで打つなんてのはコンピューター的(数学的)な頭脳回路なのかと思っていましたが、違うんですかw

 #数学の先生も嫌いだったな~
  • 2007-03-24 (18:33)
  • ももんが
  • URL
  • 編集

[C74] 記事にしました。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

偶には浸ってみるか、この名言

プロフィール

NEeDS

Author:NEeDS
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。