Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://helloneeds.blog90.fc2.com/tb.php/35-8a8c3d4b

-件のトラックバック

-件のコメント

[C184] 徴兵?

初心に返るための意見を言える先輩たちも団塊もしくは既にいなくなっていく世代ですね。
本当にここらへんでなんとかしないと、
肝心な部分を強制的に教えるために徴兵制度くらいのことが必要になるかもです。もちろん軍事論ではなく。
  • 2007-04-20 (05:34)
  • 滝川クリスタル
  • URL
  • 編集

[C185] 予備役

>肝心な部分を強制的に教えるために徴兵制度くらいのこと
予備役招集ってことかいなw
うーん、どうなんだろうね。
体罰だめぇぇぇぇって時代やからね、今は。
それに元凶かも知れん元校長/教頭ってのが教育委員会に座っとるし...

民間からでは某国営放送「ようこそ先輩」的に総合学習で実施され...
それに、
私が記事にしてんのは教師がどうこうと言うより、教師の邪魔すんなって方やし...
尤も、
支援チーム(その5参照)としてなら良いかも知れんな。
  • 2007-04-22 (00:04)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ゆとり教育 その4: 忘れられたもの

同じ目の高さでとは「あなたの言いたいこと聞くわよ」の姿勢(意味)を言う。
個性の尊重なんや。

先に例で上げたきゃすばるさんのとこにその例がコメントされていた。
#偉そうにコメント付けるのを許してm(_ _)m
http://kimiope.blog59.fc2.com/blog-entry-316.html#comment770

それと言われたのは
パパはボクを怒ることができるが、ボクはパパを怒ることができない。差別だ。見たいな事も言われた。
変に納得して、反論できなかった。

長男にしたら、パパとボクは対等らしい。


あいやー、大したもんですね、傍若無人なガキ大変利発なお子様で、将来大物になる素質があるかもね(^▽^笑)。

はい、対等なんです。
言われたこの「差別」というのは正しくはないのですが、言わんとした本意をシッカリ読み取られている。
素朴に、親と子では経験/知識/対処能力が違います。
ですがまったく同じなのがひとつの命であり、人格という格を持っていることに於いて対等なのです。
#それは子供の権利条約(1994年批准)に保証される
それが、

ちゃんと話し合うことが大切なんですね。
しかも、「上から」ではなく、ある意味「対等」で、相手を尊重してってことですね。
(hakuさん)

と言うわけや。
で、

熱いからダメ、というのをなかなかわからなかったようですが、やけどしないよう一瞬だけ自分でさわって(しつこいのでさわらせて)からは、「熱いからダメ」という言葉ですっと手を引っ込めるようになりました。(同)

と言うように導くこと(躾)が親であれば義務。
ひとつの人格として認め接すること。
それが、

親のほうで"対症療法"で叱るのではなく、内側の部分に気づいてあげないとですね。(きゃすばるさん)

長男としてパパが悪いことをしたら怒っても良いはずだと・・・ ただ、そこで長男には言えなかったのは「怒ればいいじゃん」って・・・
だって怒れないって思っている人に怒ればいいと言っても解決にならないと思ったから・・・
(まちゅさん)

と言うことなんです。
コミュニケーションというもの、普通のことなんやが、それも、伝えたいこと伝わってこそコミュニケーションと言える。
頭ごなしに言い聞かせようとしても正しく伝わらないだろうと言うことや。

何が言いたいかというとやね。
教育だって同じや、ちゃんと生徒の言うこと読み取ってますかってこと。
何が問題か本質捉えていますか、先生を指導する国は。
ゆとり教育失敗やとか教育再生会議だ、美しい日本、などと騒いでも何もならん。
親と子、先生と生徒、親と先生、学校、教育委員会、県市町村、地域、国...すべての場面に於いて、コミュニケート(議論)が大事。
ゆとり教育、いじめをなくす、教える/学ぶ、...すべての元にあるのが如何に意思の疎通を図るかにあると言いたいのや。

それは実社会と何ら変わるとこない。

お客の注文を受け、応える。
通常、お客は専門家ではない。勝手なもんである。いや、まぁ、知らんのやからねぇ...仕方ない無いかも知れん。
それを知らんのやからと て・き・と・う に応えては大概クレームを喰らうもんや。
お客はん、そりゃムチャでっせ、と言うたかて、それこそ...お怒り買って商売なりません。
何言うてるかよ~く読み取らなアカンし、できんもんはできん、ならどうする...それがプロ言うもんや。
#いろいろアラーな、そこは無視してくだちい


正しい判断は正しい情報と正しい分析による。
その為のコミュニケーション、欠かせんな。

上にいるもんの務めは、
つたない言葉からその本意を読み取り、正しく導く、そして正しく伝わったか確認する(見ている)。
ただそれだけ。

そう、単なる基本や、されど基本、初心に返れと言いたいのよ。
ゆとり教育の失敗は単純にそれがなかったのではないかと。
教育項目がどうの、時間がどうの、教師の資質がどうのではなく、上から下まで各位が忘れているんじゃないかい。
だから、
教育再生会議だなんだと処方を考えてんのやろが、みんな外しとると思うわけよ。

例えば、私の考えと全く同じではないかも知れないが、
フィンランドでは学習項目も時間も日本より少ないのだ、それでも世界で一番になっている。
なるはずだ、
生徒自身に目的(実社会との関連付けによる興味)を持たせ、より積極的に学んでいる。
数学もイメージを捉え、より深く意味を理解し、面白いと感じているのだ。
さらなる知識は生徒自身が求め学んでいると言うことや。


何故コミュニケーション取れていないと考えるのか、それは既に述べているのだが、

つづく。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://helloneeds.blog90.fc2.com/tb.php/35-8a8c3d4b

0件のトラックバック

2件のコメント

[C184] 徴兵?

初心に返るための意見を言える先輩たちも団塊もしくは既にいなくなっていく世代ですね。
本当にここらへんでなんとかしないと、
肝心な部分を強制的に教えるために徴兵制度くらいのことが必要になるかもです。もちろん軍事論ではなく。
  • 2007-04-20 (05:34)
  • 滝川クリスタル
  • URL
  • 編集

[C185] 予備役

>肝心な部分を強制的に教えるために徴兵制度くらいのこと
予備役招集ってことかいなw
うーん、どうなんだろうね。
体罰だめぇぇぇぇって時代やからね、今は。
それに元凶かも知れん元校長/教頭ってのが教育委員会に座っとるし...

民間からでは某国営放送「ようこそ先輩」的に総合学習で実施され...
それに、
私が記事にしてんのは教師がどうこうと言うより、教師の邪魔すんなって方やし...
尤も、
支援チーム(その5参照)としてなら良いかも知れんな。
  • 2007-04-22 (00:04)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

偶には浸ってみるか、この名言

プロフィール

NEeDS

Author:NEeDS
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。