Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://helloneeds.blog90.fc2.com/tb.php/60-1a11b271

-件のトラックバック

-件のコメント

[C251] はらたいらに5000点

こんばんは。
>そんでもダメならさらに倍、ドーンとね。
クイズダービーですか・・・。そりゃ辛そう←親が。

私は、高卒なんで良く分からんのですが、良く聞く話で日本は、入学が難しく入ってしまえば・・・、でアメリカは、その真逆だと言うのを聞いたことがあります。実際そうなんですかね?

少子化が進み、もっと個を重視するカリキュラムが組まれたらどうなるのでしょう?。コメだって研ぎすぎは不味くなります。研ぎすぎの新米さんが世に出てきたとき社会に順応してくれるかどうか心配・・・。

*コンプライアンスの意味検索していたのが違ったのですね。済みません。法令順守としか教わらなかったもので・・・。
  • 2007-05-27 (22:44)
  • 風邪引き&エセ禁煙続行中
  • URL
  • 編集

[C253] 目的意識

>実際そうなんですかね?
はい、そうです。
と言うより問題はそこじゃないんですな。

学生の目的意識というか意欲に違いがあると見た方がよい。
一番勉強しないのは日本からの留学生だと言われているようですよ。

偉くなりたいかってアンケート(毎日新聞4/25)に、強くそう思うが、中国34.4% 韓国22.9% 米国22.3%
日本はたったの8%
質問文に問題あるかも知れんが、意欲が削がれていることは確か。

前に13才のハローワーク(村上龍)ってのが脚光を浴びました。
本来この手のものがここまでヒットするなんてない方が良いのです。
つまり、教育で如何に目的意識を育てていないかを示していると見ている訳。
知識偏重と言うか、コミュニケーション(議論)を如何に取るかという大事なことをさせていないなど...
情報に飢えているのであろうし、学習内容との関連を欲していると言えないだろうか。

教育再生会議の提言は根本的に外していると見るわけ。
私は授業の半分は生徒に発言させろって思うのよね。
教える項目なんて少なくていい、考えさせ発言させ、意欲を持たせれば自ずから欲し、知識も深くなると。
教師はその機会を与え続けることに意を注ぐべきと。

普通にね、素朴にね、わかんないことあって、そのまんまじゃモヤモヤすんじゃないの。
「まぁ、いっか」って何もせんと次に尚更わかんないんじゃない。

[小中学生意識調査:中学入学後、勉強嫌いに--宇都宮市教委 /栃木]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070524-00000105-mailo-l09
この記事なんかそれを示すものでしょう。
小中でそんなに違いはないのに解らなくなるのは理解していないままだからよ。

個のカリキュラムは小中でこそ必要。
大学では本人が決めることやろね、目的意識持っての修学やから。
  • 2007-05-28 (22:15)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

[C255] やっちゃった。

↑ごめんなさ~い。削除してください。変なボタン押しました。

>一番勉強しないのは日本からの留学生だと言われているようですよ。

何しに行くんだろう・・・。って周りにいたっけ。
同級生でボンボンで30間近い時に突如留学宣言してアメリカに行った奴がいます。すんなりとは行かず向こうの予備校みたいな所で英語を勉強している最中挫折して・・・それでも4~5年いたな、あいつ。
そいつは別として・・・行くまでは、何か希望にあふれて行くのか?それとも単にスタイルで行ってしまうのか・・・どうなんでしょうね?

ちょっと思います。本気で留学して目指すものがしっかり見えている人って日本には帰ってこないんじゃないかと・・・。

>目的意識持っての修学やから。
なんですよね。(すみません。かなり話しがとんじゃました。)

>個のカリキュラムは小中でこそ必要。
そうなんですね。・・・って良く分かってない私。勝手言って済みません、もう少し補足を下さい。m(_ _)m
はいっ追加質問お願いします!
今の教育現場は、個のカリキュラムを実践できる状態なのですか?それを積極的に取り入れようとしているのですか?
いっぱい聞いちゃって御免なさい。
  • 2007-05-29 (03:35)
  • 風邪引き&エセ禁煙続行中
  • URL
  • 編集

[C256] 再生とは何を再生すんの、と問いたいのや

>削除してください。
はい、処理しました。

>>個のカリキュラムは小中でこそ必要。
>もう少し補足を
小中は基礎中の基礎、それ理解し取らんと拡張できんし、ましてや応用なんて。だから大事。
大事やからこそ、理解の仕方、子供個々の違いを吸収せなアカンと言うこと。

んで、それしようにも今のシステムではとてもできないと言える。
能力を問題視する向きもあるが、それよりも忙しすぎるのと管理しすぎることにより能力Upの機会がない。先生の意欲を削いでいると言っても過言でないと。
その辺はここの「いじめ」「ゆとり教育」エントリで少し触れている。

問いとは違うかも知れんが、近々「教育再生(仮題)」で記事化してみる予定。
#内容的には今までの記事に被るんだけどね

[C263] 院生の一言

国立理系院生の私から言わせてもらうと、わけわからない私立への国からの援助をカットすればそれで事足りるのですよ。Fランとかは入試を受ければ合格、短大なんて入試説明会に出席すれば合格とかそういうレベルの大学がそこら辺にあるのですよ
>>簡単には進級/卒業させない。
となっていますが、国立大は容赦なく進級させません。1単位不足だろうと留年させます。
さらには進級審査が2→3年次、3年次→卒研着手、卒業審査の計3回あります
上位集団(定義が難しいですが院に進学するような人達など)の向上意欲は昔と変わっていないと思います。大学に誰でも入れるようになって、働きたくないからとりあえず大学に行こうという人間が問題なのではないでしょうか。
簡単に進級卒業できないより、簡単に入学できない、が効果的だと思います。
一言でまとめると、学生の目的意識が低いのではなく、目的意識の低いような学生が入学できるような現状がいけないのです
同じようなことを長々と書いて申し訳ありません
最後に>>良く聞く話で日本は、入学が難しく入ってしまえば・・・、でアメリカは、その真逆だと言うのを聞いたことがあります。実際そうなんですかね?
は逆なのでは?、アメリカには予備校というシステムはありません。日本と違って一発勝負です。浪人して、一年間まともに勉強すれば誰だって早慶ぐらい入れます
  • 2007-06-04 (13:59)
  • URL
  • 編集

[C264] 場所お借りします。

NEeDSさん、御免なさい。
院生の一言さん、ご意見有難う御座います。

>国立大は容赦なく進級させません。1単位不足だろうと留年させます。

誤解を生む発言をした事にお詫び申し上げます。申し訳ありません。

私が比較したのは、専門課程の学校(例えば看護師等)の学生さんがバイトは出来ない、寝る暇も無くレポートの連続と言うのを身近で見ていたもので随分違うなと言う印象を持ちました。

でも
>働きたくないからとりあえず大学に行こうという人間が問題なのではないでしょうか



>学生の目的意識が低いのではなく、目的意識の低いような学生が入学できるような現状がいけないのです
は、ちょっとつじつまが合わないようで納得は致しかねます。

私も子を持つ親でいずれはこの問題に直面すると思います。
貴方の言われていることもわかります。ただ現実問題、会社側の受け入れてくれる枠(職種、技能)は、これから先どんどん狭くなっていくような気がします。(現実そういう会社をお見受けします)
目的意識をどこに見出すか?というのはかなり難しくなり、専門課程を突き詰めていった人だけが採用され、広く浅くの方針の元、学んだ学生さんは苦労すると思われます。
その辺を私の拙い文章で「入学は難しく、進級は簡単」と書いてしまいました。
それに関しては、申し訳なく思ってます。

最後に1点だけ・・・。
>アメリカには予備校というシステムはありません。
多分見方の違いですが私のお聞きしている範囲では、日本の留学生に対しての現地でのこのシステムは有ります。上記に記した友人は、日本のコーディネーターを通じそこへ通い英語は勿論の事、そういう内容のカリキュラムを受け又そこでの卒業テストに合格しなければ受験を進めてくれない・・・帰国を促される頭のシステムが存在することだけはご理解下さい。
駄文にて失礼しました。



  • 2007-06-04 (20:27)
  • ぶう
  • URL
  • 編集

[C265] できる人の弁と感じます。

>わけわからない私立への国からの援助をカットすればそれで事足りるのですよ。

スマン、意味が分からん。論旨を示して下さい。
#暴論では

>Fランとかは入試を受ければ合格、短大なんて入試説明会に出席すれば合格とかそういうレベルの大学がそこら辺にあるのですよ

はい、確かに。
だから、どうせよと。同じく論旨を希望します。

>>簡単には進級/卒業させない。
>となっていますが、国立大は容赦なく進級させません。1単位不足だろうと留年させます。

はい。ですが、私の回りではかなり下駄を履かせているのを見聞きしています。

>上位集団(定義が難しいですが院に進学するような人達など)の向上意欲は昔と変わっていないと思います。

はい。
あなたもでしょうが、シッカリ目的を持っておられる方はおります。
シッカリ理解して先に進むものはいるのです。
ですが、そうでないというか、現実には答だけを求めるようなと言いますか、
何となく、とにかく良い学校へと...そこには点数が、テクニックが優先されている。
理解より暗記力が求められる。

分数が出来ない、漢字が読めない、...その様な大学生は何故なんでしょうと。
小学校では出来ても中学、高校と進む毎に数学嫌い増えていくのは何故なんでしょう。
論理的思考が出来ない、議論が出来ないのは何故なんでしょう。

自ら発言していくのは小2~3辺りまでなのは何故なんでしょう。
諸外国ではその様なことはない。勿論例外はあるものの...

>大学に誰でも入れるようになって、働きたくないからとりあえず大学に行こうという人間が問題なのではないでしょうか。

それは違うでしょう。
出来る人から見た思想のように見えます、その様な意味ではないでしょうが。
仮にそうだ(働きたくないからとりあえず)としても簡単に進級させない、ペナルティを課すことでシッカリ学んで欲しいという意味で提言しております。

>簡単に進級卒業できないより、簡単に入学できない、が効果的だと思います。

それは受験システム(選抜方法)が変わらない限り、受験テクニックに走る弊害がなくなりません。
また、社会が学歴重視しなくならん限りとも言える。

>学生の目的意識が低いのではなく、目的意識の低いような学生が入学できるような現状がいけないのです

では、目的意識が低い学生はどうして存在するのでしょう。
私は目的意識を持たせよと、そのために受験システムによる弊害をなくす提言としたのです。
点取りではなく理解度を深めるために。


あなたの言われることは、極論すれば、バカは来るな。
分かります。
でも、私はその前に理解できずにほっておかれる現状を改善せよと言っているのです。

受験科目にのみ力が入る、芸術がおざなりになるのがおかしいと思いませんか。
高3が一番学力があるような現状はなんかおかしくありませんか。

それは学力があるのではなく、単に暗記してるだけでないでしょうか。
偏った学習を良しとするのですか。

自分の考えを、学んだことを身につけ、自分の言葉で示せる。
それを私はゆとりであるとし、そうあるようにすることこそゆとり教育であると。
そう提言しているのです。

政治家の学歴を見るとすばらしいものです。
ですが、議論出来ないものが多数です。
引退すると能弁になりますけどね。
何故なんでしょうね。

責任の取り方が稚拙なのは学歴の善し悪しではないことを示していると思いませんか。

>>良く聞く話で日本は、入学が難しく入ってしまえば・・・、でアメリカは、その真逆だと言うのを聞いたことがあります。実際そうなんですかね?
>逆なのでは?

いいえ、逆ではないと思っております。
勿論私の知る限りですので違うかも知れませんが、コミュニケートできれば学力(知識)は差ほど要求されていない。
正しくは要求されるものが違うためなのかも知れません。
詳しくは知りませんが、自分で意見が言えることが要求されると聞きました。
ある意味、日本人にはムズですから、そういう意味では言われるとおりかも知れません。
知識としては国内の方がムズと考えます。

>アメリカには予備校というシステムはありません。
逆に何故日本には予備校があるのでしょうか。
そこに問題があるとは思えませんか。

>日本と違って一発勝負です。
そうなのですか。

>浪人して、一年間まともに勉強すれば誰だって早慶ぐらい入れます

できる(点数を取れる)人だから言えることでしょう。
確かに、理解していれば、まともに勉強すれば可能と私も思います。
しかし、多くはそうではありませんよ。
理解するに至らなかった、基礎の段階で理解する機会を失っていますと私は述べたのです。
求め方を教えられないままに過ぎてしまっていることを是正せよと提言しているのです。
自己責任と切り捨てられるほど機会が与えられているとは言えないと。

それが正しく行われているのなら、あなたが言われる(大学進学)ようにあっても良いのです。
つまり、
「と言うより問題はそこじゃないんですな」のコメントした意味なわけで、
前述のように議論できるよう、目的を持てるようされているのなら、なんですよ。
  • 2007-06-04 (22:10)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

[C266] 院生な人、お昼休み

>>ぶうさん
>アメリカには予備校というシステムはありません。

すみません、言葉足らずでした。「浪人」というものがないというのが正しい表現だと思います。「高校生」がいく「予備校(塾)」はあっても、「浪人生」がいく「予備校」はないと、高校の進路主任から聞きました。

>>ちょっとつじつまが合わないようで納得は致しかねます

× 学生の目的意識が低いのではなく
○ 学生の目的意識が低いだけでなく
すみません、誤字です><

>>スマン、意味が分からん。論旨を示して下さい
>>だから、どうせよと。同じく論旨を希望します。
わかりにくくてすみません。
大学の本文は学問の府であり研究機関であると思います。
Fラン(=わけわからない私立)や定員割れをするような短大、大学の研究室の実績は?卒業生の貢献(社会貢献とかではなく研究)は?。私の知る範囲(有名雑誌(ニュートンやネイチャー)や学会誌)には記載されていません。
私立なのですから利益を得るために経営しているのはわかります。しかし、大学としては不適格。
一言でいえば、そんな私立大学は専門学校でも経営していてください。努力しないで入れるような私大が減れば、就職が有利になるから大学に行く、なんとなく大学に行く、etcといった類の学生は専門学校へ行くことになります。
記事下二行にコメントしたつもりだったのです><
全入についてのコメントみたいになってしまいすみません><
学士と呼べないような学士がたくさんいる原因は大学と呼べないような私大が原因→ならば、そのような私大はなくせばいいではないか、という流れにもっていきたかったのです。

>>では、目的意識が低い学生はどうして存在するのでしょう。以下略

どうして存在する?というより、当人が研究、学問を修めるのに向いていない、というのが私の考えです。研究、学問というのは、なぜ?どうして?という疑問を持つことから始まります。高校の授業で、積分なんて役に立たない、英語なんて日本に住んでいるからできなくてもいい、イオン化なんて知っていても無駄、と思っているタイプは大学(学問の府、研究機関としての大学)に進学するのは向いていません。理由は上記の通り、研究テーマは与えられるものではありません、探すものです。

受験システムは良いものだと思います。要領の良い人間なら最後の一年間でうまくいくのかもしませんが、基本的には三年間こつこつ勉強した人間が合格を勝ち取ります。研究や学問は「こつこつ」続けるということが非常に重要です。
さらに、知識(暗記)を増やすことは疑問を増やすことにつながります。ここで疑問を持たないような人間は大学に進学向いていません。

>浪人して、一年間まともに勉強すれば誰だって早慶ぐらい入れます

全入に絡めてのちょっとした皮肉のつもりでした。国立と違ってセンターがなく、国立狙いと違って私立狙いは楽なのですよ。国立を捨てて、私立狙いにすれば浪人前(偏差値50以下)の人でも一年間まともに予備校で勉強(偏差値60はいきます。)すれば早慶のどこかの学部に引っ掛かります。もちろん、手当たりしだい入試を受けるわけになりますが

あと、>>分数できんとか日本語(表現)が不自由ってのは情け無いからね

の分数の部分は、どう考えてもマスコミの情報操作(統計操作)だと思います。文系でもセンターで数学必須なところは多いです。センター数学(ⅠA、ⅡB)の答えは分数ででることが多く、分数の計算ができない=センター数学壊滅を意味します。


前回同様お昼休みに書き込んでいるので、時間的な問題で言葉足らずな部分があります><。
  • 2007-06-05 (12:24)
  • URL
  • 編集

[C267] 私のブログへもお寄りください。

院生さん。2点のコメントわざわざ有難う御座います。
で、人様のコメ欄をいつまでも使わせていただくわけには行かないのでお時間空きましたら下記へお寄りください。今回のやり取りに関して記事にさせていただきました。

ぶうのなるなら
http://narunara.no-blog.jp/ippo/

*NEeDSさん、これが某所で書いた私の答えです。ごみんなさい・・・。
  • 2007-06-06 (01:21)
  • ぶう@高卒
  • URL
  • 編集

[C268] 問題はそこではないと

>大学の本文は学問の府であり研究機関であると思います。
はい。
ですが、
>一言でいえば、そんな私立大学は専門学校でも経営していてください。努力しないで入れるような私大が減れば、就職が有利になるから大学に行く、なんとなく大学に行く、etcといった類の学生は専門学校へ行くことになります。

は、傲慢、あるいはそう受け取られかねませんよ。
不適格云々は分かりますが、私はそれでもきっちり修めさせるなら良いと。

>学士と呼べないような学士がたくさんいる原因は大学と呼べないような私大が原因→ならば、そのような私大はなくせばいいではないか、という流れにもっていきたかったのです。

それは違うでしょう。
視野が狭くありませんか。
仮にそうだとしても、社会の意識改革を要するものではないだろか。
切り捨てればいいと言うものじゃない。

>>では、目的意識が低い学生はどうして存在するのでしょう。以下略
>どうして存在する?というより、当人が研究、学問を修めるのに向いていない、というのが私の考えです。

同上。
切り捨てであり、その因を正すべきと私は考えます。

あなたが言われるもの(向いているもの)はホンの一握り。
だが、社会に於いて、年金問題に見られるように学歴あるなしには関係ない。
一握りの者が管理者であるのにです。

それなりに自ら理解し積み上げることのできた一握り。
その一握りが管理者になっている、で管理を怠って年金問題のようなことになっている。
おかしいでしょう。社会全体に歪みが生じているのです。
教育の根本が狂っている、だから教育再生と騒いでいるのではありませんか。
大学がどうだからではない。
元を正さねば、単なる切り捨てに過ぎず、なんの解決にもなりません。

私はコミュニケーションを、議論を、意見を言えるよう...いじめ、ゆとりに関して訴えているのです。
先生の能力の問題ではない、システム自体再生しなければならんと。
その一環で暗記力で入学できるようなことを止め、真に理解度を深めることに力点を置きたいのです。
人間は忘れるものです。
記憶だけでは何の役にも立ちません。大学で得られる知識にしても基礎に過ぎません。
インフォメーションをインテリジェンスに変えなければなりません。それは理解なくしては出来ません、応用はできません。
それは、
>研究、学問というのは、なぜ?どうして?という疑問を持つことから始まります。
ということであり、
>知識(暗記)を増やすことは疑問を増やすことにつながります。
です。
ただし、暗記ではありません。
リサーチ(試行錯誤?)あってインテリジェンス(知識)となるのです。

揚げ足取りのようで、また失礼な物言い済みません。
言わんとしていることは理解しますが、指摘部分を考えていただけるなら、何故私が大局を見るよう(視野が狭い)述べたかお分かり頂けるかと。

どれだけの者が、
 自ら目的意識を持てるのでしょうか。
 それを導かれているのでしょうか。
 その機会を得ているのでしょうか。
私はその点でシステムに不備有りと訴えているのです。

会得できなかった者に、自己責任と切り捨てますか。

不適格な大学、学生の存在は、問題の一事象に過ぎません。
そこだけを取り上げても解決にはなりません。
根はとても深いのです。


なお、
>分数の部分は、どう考えてもマスコミの情報操作(統計操作)だと思います。

いいえ。
確かにセンセーショナルが故に情報操作になりかねるものですが、これは事実でしょう。
記憶に頼り、その意味するものを理解していないが為と考えます。
#例としてあげたのは知られているからに過ぎない

#分数の割り算は逆数を掛けます。その意味をどれだけの者が理解しているだろうか。
#0の意味をどれだけの者が...


レス、私事で遅れましたm(_ _)m
  • 2007-06-08 (21:19)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

大学全入 本分を忘れん経営であって欲しいな。

あたしゃ、全入を提言してるけど、時代はそうなりそうやね。

大学全入時代、学生獲得へPR作戦に知恵絞る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070526-00000006-yom-soci

ただね、これは経営の問題からと言うのが...

もう一つの提言、
何のために進学するのか、目的を見失わさないようにして欲しいもんや。
つまりね、
簡単には進級/卒業させない

んでもって、特別な事由なく進級できんやつの次年度学費は にするってのはどうだい。
そんでもダメならさらに倍、ドーンとね。


分数できんとか日本語(表現)が不自由ってのは情け無いからね。
文字通り、学士であって欲しいやね、修めたものくらい論理的思考もできんなんてハズイんだよ。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://helloneeds.blog90.fc2.com/tb.php/60-1a11b271

0件のトラックバック

10件のコメント

[C251] はらたいらに5000点

こんばんは。
>そんでもダメならさらに倍、ドーンとね。
クイズダービーですか・・・。そりゃ辛そう←親が。

私は、高卒なんで良く分からんのですが、良く聞く話で日本は、入学が難しく入ってしまえば・・・、でアメリカは、その真逆だと言うのを聞いたことがあります。実際そうなんですかね?

少子化が進み、もっと個を重視するカリキュラムが組まれたらどうなるのでしょう?。コメだって研ぎすぎは不味くなります。研ぎすぎの新米さんが世に出てきたとき社会に順応してくれるかどうか心配・・・。

*コンプライアンスの意味検索していたのが違ったのですね。済みません。法令順守としか教わらなかったもので・・・。
  • 2007-05-27 (22:44)
  • 風邪引き&エセ禁煙続行中
  • URL
  • 編集

[C253] 目的意識

>実際そうなんですかね?
はい、そうです。
と言うより問題はそこじゃないんですな。

学生の目的意識というか意欲に違いがあると見た方がよい。
一番勉強しないのは日本からの留学生だと言われているようですよ。

偉くなりたいかってアンケート(毎日新聞4/25)に、強くそう思うが、中国34.4% 韓国22.9% 米国22.3%
日本はたったの8%
質問文に問題あるかも知れんが、意欲が削がれていることは確か。

前に13才のハローワーク(村上龍)ってのが脚光を浴びました。
本来この手のものがここまでヒットするなんてない方が良いのです。
つまり、教育で如何に目的意識を育てていないかを示していると見ている訳。
知識偏重と言うか、コミュニケーション(議論)を如何に取るかという大事なことをさせていないなど...
情報に飢えているのであろうし、学習内容との関連を欲していると言えないだろうか。

教育再生会議の提言は根本的に外していると見るわけ。
私は授業の半分は生徒に発言させろって思うのよね。
教える項目なんて少なくていい、考えさせ発言させ、意欲を持たせれば自ずから欲し、知識も深くなると。
教師はその機会を与え続けることに意を注ぐべきと。

普通にね、素朴にね、わかんないことあって、そのまんまじゃモヤモヤすんじゃないの。
「まぁ、いっか」って何もせんと次に尚更わかんないんじゃない。

[小中学生意識調査:中学入学後、勉強嫌いに--宇都宮市教委 /栃木]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070524-00000105-mailo-l09
この記事なんかそれを示すものでしょう。
小中でそんなに違いはないのに解らなくなるのは理解していないままだからよ。

個のカリキュラムは小中でこそ必要。
大学では本人が決めることやろね、目的意識持っての修学やから。
  • 2007-05-28 (22:15)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

[C255] やっちゃった。

↑ごめんなさ~い。削除してください。変なボタン押しました。

>一番勉強しないのは日本からの留学生だと言われているようですよ。

何しに行くんだろう・・・。って周りにいたっけ。
同級生でボンボンで30間近い時に突如留学宣言してアメリカに行った奴がいます。すんなりとは行かず向こうの予備校みたいな所で英語を勉強している最中挫折して・・・それでも4~5年いたな、あいつ。
そいつは別として・・・行くまでは、何か希望にあふれて行くのか?それとも単にスタイルで行ってしまうのか・・・どうなんでしょうね?

ちょっと思います。本気で留学して目指すものがしっかり見えている人って日本には帰ってこないんじゃないかと・・・。

>目的意識持っての修学やから。
なんですよね。(すみません。かなり話しがとんじゃました。)

>個のカリキュラムは小中でこそ必要。
そうなんですね。・・・って良く分かってない私。勝手言って済みません、もう少し補足を下さい。m(_ _)m
はいっ追加質問お願いします!
今の教育現場は、個のカリキュラムを実践できる状態なのですか?それを積極的に取り入れようとしているのですか?
いっぱい聞いちゃって御免なさい。
  • 2007-05-29 (03:35)
  • 風邪引き&エセ禁煙続行中
  • URL
  • 編集

[C256] 再生とは何を再生すんの、と問いたいのや

>削除してください。
はい、処理しました。

>>個のカリキュラムは小中でこそ必要。
>もう少し補足を
小中は基礎中の基礎、それ理解し取らんと拡張できんし、ましてや応用なんて。だから大事。
大事やからこそ、理解の仕方、子供個々の違いを吸収せなアカンと言うこと。

んで、それしようにも今のシステムではとてもできないと言える。
能力を問題視する向きもあるが、それよりも忙しすぎるのと管理しすぎることにより能力Upの機会がない。先生の意欲を削いでいると言っても過言でないと。
その辺はここの「いじめ」「ゆとり教育」エントリで少し触れている。

問いとは違うかも知れんが、近々「教育再生(仮題)」で記事化してみる予定。
#内容的には今までの記事に被るんだけどね

[C263] 院生の一言

国立理系院生の私から言わせてもらうと、わけわからない私立への国からの援助をカットすればそれで事足りるのですよ。Fランとかは入試を受ければ合格、短大なんて入試説明会に出席すれば合格とかそういうレベルの大学がそこら辺にあるのですよ
>>簡単には進級/卒業させない。
となっていますが、国立大は容赦なく進級させません。1単位不足だろうと留年させます。
さらには進級審査が2→3年次、3年次→卒研着手、卒業審査の計3回あります
上位集団(定義が難しいですが院に進学するような人達など)の向上意欲は昔と変わっていないと思います。大学に誰でも入れるようになって、働きたくないからとりあえず大学に行こうという人間が問題なのではないでしょうか。
簡単に進級卒業できないより、簡単に入学できない、が効果的だと思います。
一言でまとめると、学生の目的意識が低いのではなく、目的意識の低いような学生が入学できるような現状がいけないのです
同じようなことを長々と書いて申し訳ありません
最後に>>良く聞く話で日本は、入学が難しく入ってしまえば・・・、でアメリカは、その真逆だと言うのを聞いたことがあります。実際そうなんですかね?
は逆なのでは?、アメリカには予備校というシステムはありません。日本と違って一発勝負です。浪人して、一年間まともに勉強すれば誰だって早慶ぐらい入れます
  • 2007-06-04 (13:59)
  • URL
  • 編集

[C264] 場所お借りします。

NEeDSさん、御免なさい。
院生の一言さん、ご意見有難う御座います。

>国立大は容赦なく進級させません。1単位不足だろうと留年させます。

誤解を生む発言をした事にお詫び申し上げます。申し訳ありません。

私が比較したのは、専門課程の学校(例えば看護師等)の学生さんがバイトは出来ない、寝る暇も無くレポートの連続と言うのを身近で見ていたもので随分違うなと言う印象を持ちました。

でも
>働きたくないからとりあえず大学に行こうという人間が問題なのではないでしょうか



>学生の目的意識が低いのではなく、目的意識の低いような学生が入学できるような現状がいけないのです
は、ちょっとつじつまが合わないようで納得は致しかねます。

私も子を持つ親でいずれはこの問題に直面すると思います。
貴方の言われていることもわかります。ただ現実問題、会社側の受け入れてくれる枠(職種、技能)は、これから先どんどん狭くなっていくような気がします。(現実そういう会社をお見受けします)
目的意識をどこに見出すか?というのはかなり難しくなり、専門課程を突き詰めていった人だけが採用され、広く浅くの方針の元、学んだ学生さんは苦労すると思われます。
その辺を私の拙い文章で「入学は難しく、進級は簡単」と書いてしまいました。
それに関しては、申し訳なく思ってます。

最後に1点だけ・・・。
>アメリカには予備校というシステムはありません。
多分見方の違いですが私のお聞きしている範囲では、日本の留学生に対しての現地でのこのシステムは有ります。上記に記した友人は、日本のコーディネーターを通じそこへ通い英語は勿論の事、そういう内容のカリキュラムを受け又そこでの卒業テストに合格しなければ受験を進めてくれない・・・帰国を促される頭のシステムが存在することだけはご理解下さい。
駄文にて失礼しました。



  • 2007-06-04 (20:27)
  • ぶう
  • URL
  • 編集

[C265] できる人の弁と感じます。

>わけわからない私立への国からの援助をカットすればそれで事足りるのですよ。

スマン、意味が分からん。論旨を示して下さい。
#暴論では

>Fランとかは入試を受ければ合格、短大なんて入試説明会に出席すれば合格とかそういうレベルの大学がそこら辺にあるのですよ

はい、確かに。
だから、どうせよと。同じく論旨を希望します。

>>簡単には進級/卒業させない。
>となっていますが、国立大は容赦なく進級させません。1単位不足だろうと留年させます。

はい。ですが、私の回りではかなり下駄を履かせているのを見聞きしています。

>上位集団(定義が難しいですが院に進学するような人達など)の向上意欲は昔と変わっていないと思います。

はい。
あなたもでしょうが、シッカリ目的を持っておられる方はおります。
シッカリ理解して先に進むものはいるのです。
ですが、そうでないというか、現実には答だけを求めるようなと言いますか、
何となく、とにかく良い学校へと...そこには点数が、テクニックが優先されている。
理解より暗記力が求められる。

分数が出来ない、漢字が読めない、...その様な大学生は何故なんでしょうと。
小学校では出来ても中学、高校と進む毎に数学嫌い増えていくのは何故なんでしょう。
論理的思考が出来ない、議論が出来ないのは何故なんでしょう。

自ら発言していくのは小2~3辺りまでなのは何故なんでしょう。
諸外国ではその様なことはない。勿論例外はあるものの...

>大学に誰でも入れるようになって、働きたくないからとりあえず大学に行こうという人間が問題なのではないでしょうか。

それは違うでしょう。
出来る人から見た思想のように見えます、その様な意味ではないでしょうが。
仮にそうだ(働きたくないからとりあえず)としても簡単に進級させない、ペナルティを課すことでシッカリ学んで欲しいという意味で提言しております。

>簡単に進級卒業できないより、簡単に入学できない、が効果的だと思います。

それは受験システム(選抜方法)が変わらない限り、受験テクニックに走る弊害がなくなりません。
また、社会が学歴重視しなくならん限りとも言える。

>学生の目的意識が低いのではなく、目的意識の低いような学生が入学できるような現状がいけないのです

では、目的意識が低い学生はどうして存在するのでしょう。
私は目的意識を持たせよと、そのために受験システムによる弊害をなくす提言としたのです。
点取りではなく理解度を深めるために。


あなたの言われることは、極論すれば、バカは来るな。
分かります。
でも、私はその前に理解できずにほっておかれる現状を改善せよと言っているのです。

受験科目にのみ力が入る、芸術がおざなりになるのがおかしいと思いませんか。
高3が一番学力があるような現状はなんかおかしくありませんか。

それは学力があるのではなく、単に暗記してるだけでないでしょうか。
偏った学習を良しとするのですか。

自分の考えを、学んだことを身につけ、自分の言葉で示せる。
それを私はゆとりであるとし、そうあるようにすることこそゆとり教育であると。
そう提言しているのです。

政治家の学歴を見るとすばらしいものです。
ですが、議論出来ないものが多数です。
引退すると能弁になりますけどね。
何故なんでしょうね。

責任の取り方が稚拙なのは学歴の善し悪しではないことを示していると思いませんか。

>>良く聞く話で日本は、入学が難しく入ってしまえば・・・、でアメリカは、その真逆だと言うのを聞いたことがあります。実際そうなんですかね?
>逆なのでは?

いいえ、逆ではないと思っております。
勿論私の知る限りですので違うかも知れませんが、コミュニケートできれば学力(知識)は差ほど要求されていない。
正しくは要求されるものが違うためなのかも知れません。
詳しくは知りませんが、自分で意見が言えることが要求されると聞きました。
ある意味、日本人にはムズですから、そういう意味では言われるとおりかも知れません。
知識としては国内の方がムズと考えます。

>アメリカには予備校というシステムはありません。
逆に何故日本には予備校があるのでしょうか。
そこに問題があるとは思えませんか。

>日本と違って一発勝負です。
そうなのですか。

>浪人して、一年間まともに勉強すれば誰だって早慶ぐらい入れます

できる(点数を取れる)人だから言えることでしょう。
確かに、理解していれば、まともに勉強すれば可能と私も思います。
しかし、多くはそうではありませんよ。
理解するに至らなかった、基礎の段階で理解する機会を失っていますと私は述べたのです。
求め方を教えられないままに過ぎてしまっていることを是正せよと提言しているのです。
自己責任と切り捨てられるほど機会が与えられているとは言えないと。

それが正しく行われているのなら、あなたが言われる(大学進学)ようにあっても良いのです。
つまり、
「と言うより問題はそこじゃないんですな」のコメントした意味なわけで、
前述のように議論できるよう、目的を持てるようされているのなら、なんですよ。
  • 2007-06-04 (22:10)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

[C266] 院生な人、お昼休み

>>ぶうさん
>アメリカには予備校というシステムはありません。

すみません、言葉足らずでした。「浪人」というものがないというのが正しい表現だと思います。「高校生」がいく「予備校(塾)」はあっても、「浪人生」がいく「予備校」はないと、高校の進路主任から聞きました。

>>ちょっとつじつまが合わないようで納得は致しかねます

× 学生の目的意識が低いのではなく
○ 学生の目的意識が低いだけでなく
すみません、誤字です><

>>スマン、意味が分からん。論旨を示して下さい
>>だから、どうせよと。同じく論旨を希望します。
わかりにくくてすみません。
大学の本文は学問の府であり研究機関であると思います。
Fラン(=わけわからない私立)や定員割れをするような短大、大学の研究室の実績は?卒業生の貢献(社会貢献とかではなく研究)は?。私の知る範囲(有名雑誌(ニュートンやネイチャー)や学会誌)には記載されていません。
私立なのですから利益を得るために経営しているのはわかります。しかし、大学としては不適格。
一言でいえば、そんな私立大学は専門学校でも経営していてください。努力しないで入れるような私大が減れば、就職が有利になるから大学に行く、なんとなく大学に行く、etcといった類の学生は専門学校へ行くことになります。
記事下二行にコメントしたつもりだったのです><
全入についてのコメントみたいになってしまいすみません><
学士と呼べないような学士がたくさんいる原因は大学と呼べないような私大が原因→ならば、そのような私大はなくせばいいではないか、という流れにもっていきたかったのです。

>>では、目的意識が低い学生はどうして存在するのでしょう。以下略

どうして存在する?というより、当人が研究、学問を修めるのに向いていない、というのが私の考えです。研究、学問というのは、なぜ?どうして?という疑問を持つことから始まります。高校の授業で、積分なんて役に立たない、英語なんて日本に住んでいるからできなくてもいい、イオン化なんて知っていても無駄、と思っているタイプは大学(学問の府、研究機関としての大学)に進学するのは向いていません。理由は上記の通り、研究テーマは与えられるものではありません、探すものです。

受験システムは良いものだと思います。要領の良い人間なら最後の一年間でうまくいくのかもしませんが、基本的には三年間こつこつ勉強した人間が合格を勝ち取ります。研究や学問は「こつこつ」続けるということが非常に重要です。
さらに、知識(暗記)を増やすことは疑問を増やすことにつながります。ここで疑問を持たないような人間は大学に進学向いていません。

>浪人して、一年間まともに勉強すれば誰だって早慶ぐらい入れます

全入に絡めてのちょっとした皮肉のつもりでした。国立と違ってセンターがなく、国立狙いと違って私立狙いは楽なのですよ。国立を捨てて、私立狙いにすれば浪人前(偏差値50以下)の人でも一年間まともに予備校で勉強(偏差値60はいきます。)すれば早慶のどこかの学部に引っ掛かります。もちろん、手当たりしだい入試を受けるわけになりますが

あと、>>分数できんとか日本語(表現)が不自由ってのは情け無いからね

の分数の部分は、どう考えてもマスコミの情報操作(統計操作)だと思います。文系でもセンターで数学必須なところは多いです。センター数学(ⅠA、ⅡB)の答えは分数ででることが多く、分数の計算ができない=センター数学壊滅を意味します。


前回同様お昼休みに書き込んでいるので、時間的な問題で言葉足らずな部分があります><。
  • 2007-06-05 (12:24)
  • URL
  • 編集

[C267] 私のブログへもお寄りください。

院生さん。2点のコメントわざわざ有難う御座います。
で、人様のコメ欄をいつまでも使わせていただくわけには行かないのでお時間空きましたら下記へお寄りください。今回のやり取りに関して記事にさせていただきました。

ぶうのなるなら
http://narunara.no-blog.jp/ippo/

*NEeDSさん、これが某所で書いた私の答えです。ごみんなさい・・・。
  • 2007-06-06 (01:21)
  • ぶう@高卒
  • URL
  • 編集

[C268] 問題はそこではないと

>大学の本文は学問の府であり研究機関であると思います。
はい。
ですが、
>一言でいえば、そんな私立大学は専門学校でも経営していてください。努力しないで入れるような私大が減れば、就職が有利になるから大学に行く、なんとなく大学に行く、etcといった類の学生は専門学校へ行くことになります。

は、傲慢、あるいはそう受け取られかねませんよ。
不適格云々は分かりますが、私はそれでもきっちり修めさせるなら良いと。

>学士と呼べないような学士がたくさんいる原因は大学と呼べないような私大が原因→ならば、そのような私大はなくせばいいではないか、という流れにもっていきたかったのです。

それは違うでしょう。
視野が狭くありませんか。
仮にそうだとしても、社会の意識改革を要するものではないだろか。
切り捨てればいいと言うものじゃない。

>>では、目的意識が低い学生はどうして存在するのでしょう。以下略
>どうして存在する?というより、当人が研究、学問を修めるのに向いていない、というのが私の考えです。

同上。
切り捨てであり、その因を正すべきと私は考えます。

あなたが言われるもの(向いているもの)はホンの一握り。
だが、社会に於いて、年金問題に見られるように学歴あるなしには関係ない。
一握りの者が管理者であるのにです。

それなりに自ら理解し積み上げることのできた一握り。
その一握りが管理者になっている、で管理を怠って年金問題のようなことになっている。
おかしいでしょう。社会全体に歪みが生じているのです。
教育の根本が狂っている、だから教育再生と騒いでいるのではありませんか。
大学がどうだからではない。
元を正さねば、単なる切り捨てに過ぎず、なんの解決にもなりません。

私はコミュニケーションを、議論を、意見を言えるよう...いじめ、ゆとりに関して訴えているのです。
先生の能力の問題ではない、システム自体再生しなければならんと。
その一環で暗記力で入学できるようなことを止め、真に理解度を深めることに力点を置きたいのです。
人間は忘れるものです。
記憶だけでは何の役にも立ちません。大学で得られる知識にしても基礎に過ぎません。
インフォメーションをインテリジェンスに変えなければなりません。それは理解なくしては出来ません、応用はできません。
それは、
>研究、学問というのは、なぜ?どうして?という疑問を持つことから始まります。
ということであり、
>知識(暗記)を増やすことは疑問を増やすことにつながります。
です。
ただし、暗記ではありません。
リサーチ(試行錯誤?)あってインテリジェンス(知識)となるのです。

揚げ足取りのようで、また失礼な物言い済みません。
言わんとしていることは理解しますが、指摘部分を考えていただけるなら、何故私が大局を見るよう(視野が狭い)述べたかお分かり頂けるかと。

どれだけの者が、
 自ら目的意識を持てるのでしょうか。
 それを導かれているのでしょうか。
 その機会を得ているのでしょうか。
私はその点でシステムに不備有りと訴えているのです。

会得できなかった者に、自己責任と切り捨てますか。

不適格な大学、学生の存在は、問題の一事象に過ぎません。
そこだけを取り上げても解決にはなりません。
根はとても深いのです。


なお、
>分数の部分は、どう考えてもマスコミの情報操作(統計操作)だと思います。

いいえ。
確かにセンセーショナルが故に情報操作になりかねるものですが、これは事実でしょう。
記憶に頼り、その意味するものを理解していないが為と考えます。
#例としてあげたのは知られているからに過ぎない

#分数の割り算は逆数を掛けます。その意味をどれだけの者が理解しているだろうか。
#0の意味をどれだけの者が...


レス、私事で遅れましたm(_ _)m
  • 2007-06-08 (21:19)
  • NEeDS
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

偶には浸ってみるか、この名言

プロフィール

NEeDS

Author:NEeDS
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。